町田版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

日常を送るための準備 町田シビック綜合法律事務所・草道倫武所長

相談する大切さを説明する草道倫武所長
相談する大切さを説明する草道倫武所長
 「自分が何をしたのか忘れちゃうときがあるんだよね」。認知症の初期にある「もやもや」した時間。「忘れてしまった時間で、人に迷惑かけてないか、不必要な買い物をしていないか」と不安は大きくなっていく。普通に安心して日常を暮らすためには、ちょっとした準備と知識が必要だという。町田シビック綜合法律事務所の草道倫武所長に聞いた。

――認知症の方の財産の管理というと『成年後見人制度』がありますね。

 「そうです。『成年後見』だけでなく、症状が重い順に『成年後見人』『保佐人』『補助人』があり、ご本人を支えたり代理したりします」

――お金の利用が日常生活の中でストレスに感じる方もいるそうですね。

 「悪徳業者による多額の詐欺事件もありますが、日常生活の中で不必要なものを買い続けたり、逆にお金を使うのが怖くなり買い物ができないという相談もあります」

――どのようなアドバイスをするのですか。

 「悪徳業者による詐欺などは、ご本人の判断能力が衰えている場合が多いので、成年後見人などを立て守っていく必要があります。また、たまに不必要なものを買ってしまうような認知症の症状が軽い方には、ご本人や周囲の方に後見制度の仕組みや財産管理委任契約などを説明し、日常のストレスを軽減できる方法をアドバイスします」

――認知症になる前に相談できますか。

 「将来、認知症などになった時のために、判断能力があるうちにあらかじめ弁護士などを契約しておく『任意後見制度』というものがあります。この相談も多いですよ」

――成年後見人制度を活用すると自由にお金が使えなくなるのですか。

 「そんなことはありません。判断能力が不十分な方の尊厳を守りながら、後見人が本人の財産を不利益にならないように支援・保護します。生活が困らないように日用品などは自由に購入できます。安心して暮らせるための制度です」

――相談時間などについて教えてください。

 「相談しやすいように平日の夜間、土曜日でも相談できます。女性弁護士も所属していますので、お気軽にご相談下さい」

町田シビック法律事務所

町田シビック法律相談事務所

TEL:042-727-8726

http://kusamichi-lawoffice.com/index.php

町田版のピックアップ(PR)最新6件

人形衣装のオートクチュール展

大切なお人形さんのために、大切に衣装を作りました。一部販売します。

http://wearme.exblog.jp/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小泉純一郎氏が講演

元内閣総理大臣

小泉純一郎氏が講演

町田法人会主催

11月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク