町田版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

都立小山内裏公園で行われる「第5回チャレンジ防災実行委員長」を務める 井上 博之さん 小山町在住 58歳

色んなカタチで地域を愛す

 ◯…町田市と八王子市にまたがった、地域の人たちの自発的な防災イベントも今年で5年目。両市で交代で務める実行委員長。出番がやってきた。イベントを「様々な立場の人間が、一つのことに向かい力を注ぐ。根底にあるのはボランティアの精神」と強調。回を重ねるごとに、行政も非常食などを協賛してくれたり、社協のつながりから様々なNPOや学生たちが協力してくれるように。「確実に広がっている」と手応えを感じている。

 ◯…生まれも育ちも小山町。父親が50歳で創業した印刷会社の2代目。景気に左右されることが多く、周りの同業が会社を閉めていくなか、「なんとか生き残っているよ」。町会の総会資料や会報など、小冊子の印刷・製本が主。昔は自分たちで作っていたものを、役員らの高齢化もあり、任せてもらえるという。それも個人情報保護法の関係で減ってきている。

 ◯…25歳で地域の先輩に誘われ、30年以上続けている消防団の第5分団で指揮を執る。「街を守るというのはもちろん、大会があったりして部活みたいで、のめり込んだね」。15年ほど前に消防ポンプ操法の全国大会に出場した時はコーチとして参加した。「先輩に教わり、同僚に刺激を受け、後輩から学んだ。色々な人との出会いがある。この経験はかけがえのない宝物」と目を輝かす。

 ◯…地元の「小山に組囃子連」に30年近く携わる。太鼓、踊りの郷土芸能。70歳以上が多く活躍している中、獅子舞を担当することが多い。「若い方になっちゃうから。きついけど子どもたちに喜ばれるのは嬉しいよ」。これまで経験したことで自分の人生が豊かになっていると感じている。「自分が動くことで、後進に伝えていきたい」。消防団も、囃子連も、チャレンジ防災も。

町田版の人物風土記最新6件

川上 泰さん

今年6月に麻布大学いのちの博物館(淵野辺)の館長に就任した

川上 泰さん

8月9日号

荒木 珠奈(たまな)さん

町田市立国際版画美術館で展覧会「記憶の繭を紡ぐ」を開催している

荒木 珠奈(たまな)さん

8月2日号

石坂 史朗さん

7月20日(金)、鶴川でブルガリア民族音楽の公演を主催する

石坂 史朗さん

7月19日号

秋田 文範さん

安全寺の住職で6月に町田市仏教会の会長に就任した

秋田 文範さん

7月5日号

大坂 美紗子さん

7月8日(日)、町田市民フォーラムの優秀な若手3人コンサートに出演する

大坂 美紗子さん

6月28日号

大友 健寿さん

元選手で初めて社員から株式会社ゼルビアの取締役社長に就任した

大友 健寿さん

6月21日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

発電かざぐるま

チョキチョキ

発電かざぐるま

町エネのワークショップ

8月26日~8月26日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク