町田版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

駅周辺の救急に迅速対応 原町田分駐所が設置

社会

待機中の救急車
待機中の救急車
 町田消防署(新藤博署長=人物風土記で紹介)は5月16日、東京消防庁管内の消防署で初の試みとなる「救急隊の機動的な運用」を開始した。

 日中の救急要請が多い町田駅周辺に対応するため、同駅の近くに救急隊の待機場所を整備し、迅速に到着する体制を確保。待機場所はせりがや会館内で、名称は「町田消防署原町田分駐所」。実施の時間帯は午前8時30分から午後8時30分まで(今後の救急要請の状況によって、変更の可能性あり)。

 原町田分駐所の場合、市内で合計7台ある救急車のうち3台が出入を繰り返している。これにより、効率的な出動を図るとのこと。同署は昨年11月、消防署が移転したことにより、駅から遠くなったため、人が集中し救急の可能性が高い駅周辺の救急要請に対して、迅速に対応する必要があった。そういった状況の中で、今回の原町田分駐所設置に至った。

 町田市では年間約20000件の救急要請が出ている。一日当たり約50件程度だが、同署担当者は、夏や冬は一日当たりの件数が多くなることを見越している。

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

発電かざぐるま

チョキチョキ

発電かざぐるま

町エネのワークショップ

8月26日~8月26日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク