町田版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

保育園幼稚園 利用意向調査を実施 全国で初の試み

社会

昨年行われた保育コンシェルジュのミニ講座=子どもセンターまあち
昨年行われた保育コンシェルジュのミニ講座=子どもセンターまあち
 町田市は保育コンシェルジュによる「保育園・幼稚園選び講座」を今年度も開催している。今回は市独自に講座参加者へ向けて「保育園・幼稚園利用意向調査」を実施。保育コンシェルジュの講座参加者にこうした調査を行うのは全国で初めての試みだ。

 保育コンシェルジュとは公立保育園の園長を経験した専門の相談員のこと。各家庭の状況に応じて適切な保育施設やサービスを選ぶための情報提供や相談・助言を行っている。主な相談内容は保育所などの選び方や育児に関することだ。

 「保育コンシェルジュによる『わが家にあった保育園・幼稚園選び講座』」は不安や疑問を少しでも解消し、各家庭に適した園を選んでもらうことが目的。担当者によると「2017年度の講座には、保育園・幼稚園への入園を検討している386組が参加して好評を得た」という。

 内容は「どこで、どのような手続きをすればよいか」「保育料がどのように決まるのか」といった入園の仕組みから、見た目や評判だけで判断しない、直接園長先生と話してみようなどの保育園・幼稚園選びのポイント。また認証保育園・認可外保育園・一時保育・休日保育・ファミリーサポートセンターなどの施設の種類と特長、保育内容など多岐にわたる。

 今から間に合う今年度の開催は6月15日(金)子どもセンターつるっこ、20日(水)子どもセンターまあち、27日(水)木曽子どもクラブきそっち、29日(金)子どもセンターただON。各午前10時半〜正午。予約不要で直接会場へ。7月以降は市のホームページなどで案内され、10月にかけて行われる。

今後の参考のために

 全国初となる保育コンシェルジュの地域講座「わが家にあった保育園・幼稚園選び講座」に参加した人への保育園・幼稚園利用意向調査項目は次の通り。【1】利用希望施設、【2】利用開始年齢、【3】育児休業の取得予定(就労されている人に対して)、【4】施設へのアクセスや保育料、方針などから選択する園選びで重視する項目、【5】幼稚園一時預かり事業の利用希望時間、【6】送迎保育ステーションの利用意向、【7】町田市の待機児童対策に対する意見など。市子ども生活部保育・幼稚園課によれば、今回行う調査の結果は今後の保育サービスの参考にするという。

町田版のトップニュース最新6件

5年ぶり夏の甲子園へ

日大三高野球部

5年ぶり夏の甲子園へ

8月9日号

ニッチ攻め最優秀賞

JA町田市青壮年部会

ニッチ攻め最優秀賞

8月9日号

民間企業のノウハウ活用

町田市

民間企業のノウハウ活用

8月2日号

ご用心、夏の暑さ

熱中症

ご用心、夏の暑さ

8月2日号

67分間を元大統領に捧げ

ネルソン・マンデラ国際デー

67分間を元大統領に捧げ

7月26日号

皆に喜ばれる「足」を

山崎団地

皆に喜ばれる「足」を

7月26日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

発電かざぐるま

チョキチョキ

発電かざぐるま

町エネのワークショップ

8月26日~8月26日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク