町田版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

ピアニスト傍士ちひろ 心震える音色奏でる 障害児抱えるシングルマザー

文化

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
「心が震える演奏をしたい」と傍士さん
「心が震える演奏をしたい」と傍士さん

 多くのことを経験してきた自分だから奏でられる音がある-障害のある娘と二人で暮らすピアニスト、傍士(ほうじ)ちひろさん(31)が今月、町田でデビューする。同じような困難を抱える人々にエールを贈りたいと、その思いを鍵盤に乗せ、癒しと温もりの旋律を届ける。

 ダウン症と診断された娘、和音(かずね)ちゃん(7)は生後1カ月で心臓の手術を受け、一時は心肺停止に。一命は取り留めたものの重度の障害が残った。

自身もうつ病を患いながら必死に育児をする日々。そんな時も続けてきたのが4歳から始めたピアノ。国立音楽大学卒業、約2年前に横浜国際音楽コンクールで2位になり、また人前で弾きたいという思いが強くなった。

 振り返れば、小さなころから地味で静かな自分を多くの人とつなげてくれたのがピアノだった。嫁いだ先は北海道。和音ちゃんの医療ケアのため、東京に戻った。夫と離れて暮らした5年間。心の距離も開いていった。離婚し、今は小さなアパートに二人で暮らす。

公演に向け「私の活動が勇気を与えられるなら、誰に何を言われようがやりたい」と胸の内を語った。

 町田でのデビューは7月21日(土)午後2時半からピアノカフェショパンで「クラシックとジャズの日〜癒し系の音楽を」と題した演奏会を開く。今回は思い入れも強いフランス音楽を中心とした構成。今後も毎月第3土曜に定期的に出演する予定だ。本番に向け、練習に力を入れ、規則正しい生活を心がける。日々充実した元気な母親を見て、音楽好きの和音ちゃんも喜んでくれているという。問合せは【携帯電話】070・2185・1889ピアノカフェショパンの岡さんへ。

和音ちゃんと一緒に
和音ちゃんと一緒に

町田版のトップニュース最新6

遠方からの利用を抑制

都立公園3カ所

遠方からの利用を抑制 社会

3月7日まで駐車場閉鎖

3月4日号

人と犬の共生施設開設

南成瀬

人と犬の共生施設開設 社会

緊急事態時の受入先にも

3月4日号

コロナ対策に22億

町田市議会

コロナ対策に22億 社会

国の第3次補正予算を活用

2月25日号

共に闘うこと誓う

FC町田ゼルビア

共に闘うこと誓う 社会

開幕戦は2月28日

2月25日号

管理施設が一新

町田かたかごの森

管理施設が一新 社会

開園はHPでお知らせ

2月18日号

南多摩エリアの情勢は

衆院選

南多摩エリアの情勢は 政治

時期次第で都議選影響も

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク