町田版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

7月20日(金)、鶴川でブルガリア民族音楽の公演を主催する 石坂 史朗さん 東玉川学園在住 67歳 

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

愛する国と妻に捧げたい

 ○…バラと豊かな自然があふれる東ヨーロッパの南の国、ブルガリア。神秘の歌声と呼ばれる歌、自分が愛した踊りと音楽、そして何よりも最愛の妻、ヌーシャさんの祖国がそこにある。国内各地でブルガリアの民族舞踊を指導し、日本ブルガリア協会の理事も務める。今年は日本とブルガリアの架け橋となる活動をしてきた妻ヌーシャさんの7回忌の年。彼女と親交のあった現地のプロたちを招き、地元でコンサートを開く。「数千年前の時代から受け継がれてきた伝統文化、その音楽の魅力を多くの人に届けたい」

 ○…19歳のときに民俗舞踊と出合う。迫力ある踊りや歌声、ときにエキゾチックに聞こえるリズムにすっかり魅了された。踊りを学びたいとブルガリアの首都ソフィアに渡る。1986年には国立プロヴィディフ芸術学校に入学。日本人として初めて同地の踊りの理論と実践を学び、日本国内に紹介する礎を築いた。

 ○…ヌーシャさんとは同じ舞踏団で学んだことがきっかけで89年に結婚。90年にはベルリンの壁の崩壊などで生活が一変した。ヌーシャさんは9歳から踊りを始め、ブルガリアンダンスの振付師で歌手。91年に来日すると教室を開き、夫婦で歌や踊り、そして文化を知ってもらう公演を開いて活躍した。

 ○…「耳で聴くというよりも体に染み込んでくる感じ」とブルガリアンヴォイスの魅力を語る。変化に富んだ独特のリズム、美しいメロディー。悲しみ、苦しみ、安らぎ、喜び、すべてを包み込むその秘密を伝えたい。「これまでさまざまな活動をしてきましたが、こうした公演も最後になるかもしれない」。ブルガリアの文化を伝えようとする後進も少しずつ育ってきている。二人が築いてきた道は間違いなく受け継がれ、未来へと続いている。

町田版の人物風土記最新6

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

町田華道協会の会長に就任した

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

横浜市在住 77歳

5月19日号

野村 卓也さん

「まちだ感謝祭」を企画し、FC町田ゼルビアで地域振興課長を務める

野村 卓也さん

南つくし野出身 34歳

5月12日号

中里 真二さん

町田地区保護司会の会長を務める

中里 真二さん

森野在住 74歳

5月5日号

浦川 ヒサ子さん

カワセミの写真展を町田市フォトサロンで開く

浦川 ヒサ子さん

金井ヶ丘市在住 77歳

4月28日号

甲斐 修侍さん

フットサルチーム「ASVペスカドーラ町田」の監督に就任した

甲斐 修侍さん

成瀬在住 49歳

4月21日号

戸塚 正人さん

町田市議会の第39代議長に就任した

戸塚 正人さん

金森在住 41歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook