町田版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

鶴川駅、アイディア募集 小田急がコンテスト実施

社会

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena
1956年の同駅ホーム
1956年の同駅ホーム

 小田急電鉄株式会社が、「鶴川駅周辺の価値向上に寄与する様々なアイディア」を公募するコンテストを実施する。このコンテストでは地域との連携を重視し、駅と地域を繋いだ空間のあり方をテーマに、駅デザインに加えて将来の駅のあり方を見据えた駅機能・活用の提案を募っている。

 同社の工務部施設担当の根本智嘉さんは、企画の経緯について「町田市による南北の駅前広場整備にあわせ線路上に自由通路を設置するため駅舎を橋上化することがきっかけでした」と話す。利用者目線でどのような機能が欲しいのかなど、生の声を反映させた駅を目指す。

 鶴川駅は2017年時点で一日あたり約7万人が利用している。小田急沿線の中間駅(急行停車のない駅)では第1位の乗降人員。

 根本さんは今後の鶴川駅について「駅前広場が整備されると川崎市北部のバス路線との結節点となるため、鉄道とバス、川崎と町田、東京と神奈川といったように様々なものをつなぐ駅となり、お住まいの方の新たな交流を育み、次世代ファミリー層に選ばれる街の中心となってほしいです」と期待している。

 エントリーは8月31日(金)、作品提出は9月28日(金)(必着)締切。「何気ない日々の気づきでも結構です。お気軽にお申し込み下さい」と根本さん。規定など詳細は同社公式HP(【URL】 https://compe.japandesign.ne.jp/tsurukawa/)で。(問)鶴川駅アイディアコンテスト事務局【メール】tsurukawa@japandesign.ne.jpへ。

現在の鶴川駅
現在の鶴川駅

町田版のローカルニュース最新6

自然の中のステージ

せりがや冒険遊び場

自然の中のステージ 文化

音楽やダンスを楽しむ

11月26日号

世界的テキスタイル作家の作品展示

教会堂を舞台に

世界的テキスタイル作家の作品展示 文化

着物生地のタペストリー

11月26日号

新たな形で市民活動を紹介

まちカフェ!10days

新たな形で市民活動を紹介 文化

オンラインと市内分散開催の10日間

11月26日号

市が投票呼びかける

「なりたいまちの姿」キャッチコピー

市が投票呼びかける 文化

12月4日まで

11月26日号

食いしん坊のココア

「ほっこり時間」

食いしん坊のココア 社会

11月26日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク