町田版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

原町田大通り テロ災害に備え 市民参加の大規模訓練

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
危険物を取り除く処理班
危険物を取り除く処理班

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、町田消防署と町田警察署が連携し17日、町田駅前でテロ災害合同訓練を実施した。訓練は町田センタービル前の原町田大通りを封鎖し、関係者約450人、特殊車両など約30台が登場する大掛かりなものとなった。また数多くの市民が参加し、防災への意識を向上させる機会となった。

 警察・消防のほか、町田市消防団、町田市民病院、南町田病院(D―MAT)、町田センタービル自衛消防隊、原町田六丁目町内会六生会自主防災隊、東京消防庁ハイパーレスキュー隊、災害時支援ボランティア、近隣の大学・専門学校など多くの機関が協力して行った演習は、町田センタービル前でテロ災害が発生し、多数の傷病者が発生したという想定で行われた。テロの犯人を追いつめる警察犬や、爆発物を取り除く処理班、迅速に応急救護を行うD―MATや町田センタービル屋上から避難者を救出するレスキュー隊などの、本番さながらの緊迫感ある演技に、見学者は固唾をのんで見守った。ボランティアで参加し、避難者役を演じた国士舘大学の新井崚太さんは「オリンピックの際にテロなどが起こる可能性があることを改めて実感した。こうした訓練をすることでテロを未然に防ぐことにも役立つと思う」と感想を話した。

 第2部の市民参加型訓練では、見学者は東京消防庁音楽隊、カラーガーズ隊が演奏と演技を堪能。また災害疑似体験ができる防災体験(VR)車には長い行列ができていた。またハイパーレスキュー隊や消防・警察の特殊車両が展示され、ボディが左右に拡張し、最大8床のベッドを備えることができる特殊救急車「スーパーアンビュランス」など、普段見ることのできない珍しい車両に人だかりができていた。

動画が流れます
動画が流れます
感想を述べる同ビル管理組合の鈴木暢生理事長
感想を述べる同ビル管理組合の鈴木暢生理事長

町田版のトップニュース最新6

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter