町田版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

高ヶ坂・成瀬地区協議会 連携深め地域活性 市内10地区すべて揃う

社会

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
設立総会で話す木目田和良代表
設立総会で話す木目田和良代表

 成瀬コミュニティセンターで5日、4年の歳月検討してきた「高ヶ坂・成瀬地区協議会」の設立総会が行われた。これで市内の地区協議会の設立は10地区目となり、すべての地区に協議会が設置されたことになる。

 地区協議会とは、町内会や自治会、民生委員児童委員協議会、青少年健全育成地区委員会ほか、教育・福祉・防犯・防災・健康・環境などの専門分野で活躍する地区内の各種団体が地区の情報を共有したり、課題について議論したりする組織。またその地区が取り組むべき事業を自ら選択し、実施することも大きな役割。社会経済情勢の変化や生活を取り巻く環境の変化により、地域の課題要因が複合化してきた。地区協議会は多様な地域団体間で連携・協力するためのネットワークを築き、各々の力を集めて地区のための事業に取り組んでいく。市内町内会・自治会連合会の地区連合会の組織単位である10地区が基盤となっている。

 設立総会では、はじめに石阪丈一町田市長が地区協議会の役割や他の行政区でどのような事例があったかを説明。自ら区長を務めた横浜市港北区の、地域の課題解決のための事業に区が補助金を出す「ふるさとサポート事業」(2004〜5年)などの例を紹介した。町田市の地区協議会についても、「金は出すが口は出さない」、あくまでも地域が主体の組織だとし、「どのような事業が必要なのかは地域の方のほうがよく分かっている」と、運営をその地区に任せる考えを示した。

 同協議会の代表に就任した木目田和良氏は「地域の活性化や親睦が深められたらと思う。それぞれの専門に閉じこもるのではなく、たとえば高齢者の問題も青少年の問題も包括的に取り組むきっかけになればいい。設立は一番最後だが、モデルとなるような組織にしていきたい」と話した。

参加した地元住民
参加した地元住民

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook