町田版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

スポーツアワードまちだ 輝く地元のアスリート グランプリは冨高さん

スポーツ

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
グランプリの冨高さん(左から3人目)と受賞者ら
グランプリの冨高さん(左から3人目)と受賞者ら

 町田市を中心に国内外で活躍するアスリートをより多くの市民に紹介し、スポーツ文化の振興や青少年の健全育成、地域の活性化などに寄与することを目的にした「スポーツアワードまちだ」が9日、市庁舎3階で開かれ、最終選考に残った12組が表彰された。今回で9回目。

 町田のスポーツ界に貢献したアスリート等を、公募による選考に基づいて表彰し、アスリートと市民との交流を目的に開催されるスポーツの祭典。

 表彰対象は昨年の1月1日から12月31日の間に町田市のスポーツ振興に貢献した個人か団体で、歴代グランプリ受賞者は自転車ロードレースの和地恵美さんやビーチバレーの溝江明香さん、玉川大学ダンスドリルチームJULIASなどがいる。

 今回106組の候補の中から、フリースタイル・モーグルの冨高日向子さんがグランプリに輝いた。フリースタイル・ジュニア世界選手権2位、2018フリースタイル・モーグル全日本選手権優勝などの戦績が評価された。冨高さんは受賞に際し、「光栄に思います。親に感謝するとともに、来年は自分が日本チームを引っ張っていける存在になりたい」と語った。

 準グランプリには、世界選手権女子団体総合優勝を果たした体操の畠田瞳さんが選出。「安定感のある演技で奮闘した」と評された。ベストインパクト賞には桜美林大学で2018箱根駅伝予選会1位のキサイサ・ジョスファット・レダマ選手が選出。グローバルアクト賞にスタンドアップパドルで全日本女子総合優勝の奥秋季果さん。アクティブシニア賞にライフル射撃の山田祐治さん。ベストホープ賞はサッカー全日本U―15の根府桃子さん、陸上の村井健一さんが受賞した。

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook