町田版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

ニンジン再利用でロスなくせ JA町田市がジャム開発

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
市内各アグリハウスなどで販売中のオリジナルジャム
市内各アグリハウスなどで販売中のオリジナルジャム

 市内で生産される野菜が規格外という理由で廃棄されるのを再利用しようと、JA町田市が「にんじんジャム」を開発し、市内各アグリハウスなどで販売している。

 6次化オリジナル商品(野菜を加工したもの)企画の一環でスタートしたジャムの開発。第1弾は昨年開発・発売した「ブルーベリーソース」。東京都で2番目の生産高を誇る町田市の特色を活かした商品だった。

 第2弾は満を持してのにんじんジャム。町田市産のニンジンに、砂糖、レモン果汁、隠し味に梅ジャムを加え、ニンジンの土臭さを抑えて食べやすく仕上げた。経済部長の新倉敏和さんは「ニンジン嫌いの子どもでもジャムにすればすんなり食べられる。パンやヨーグルトに入れることで栄養価も高く、おいしい食事になります」と説明する。

 一つ550円で、400個が販売中。アグリハウス各店ほかで販売。詳細の問い合わせはJA町田市本店【電話】042・850・9211へ。

町田版のローカルニュース最新6

小山・小山ヶ丘でオープンガーデン

【Web限定記事】蜜を避け、花を愛でよう

小山・小山ヶ丘でオープンガーデン 社会

4月22日号

ボタンが見頃を迎えています

【Web限定記事】町田ぼたん園開園

ボタンが見頃を迎えています 社会

4月22日号

アウェーに強いぞ、ゼルビア

【Web限定記事】長崎相手に3-0で快勝

アウェーに強いぞ、ゼルビア スポーツ

今シーズン、ここまでの勝利はすべて敵地

4月22日号

推しペン投票を企画

久美堂本店 5月5日まで

推しペン投票を企画 社会

4月22日号

オリジナルの商品・サービスを市が認定する

【Web限定記事】町田市が募集

オリジナルの商品・サービスを市が認定する 経済

申請期間は5月31日まで

4月22日号

いいものいっぱい¥1000・¥2000セール

本日から4月27日(火)まで

いいものいっぱい¥1000・¥2000セール 文化

成瀬駅すぐ「きらく屋」

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter