町田版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の46

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
“ジゴクノカマノフタ”という何とも恐ろし気な別名を持つ「キランソウ」(左)とシソ科の「ジュウニヒトエ」
“ジゴクノカマノフタ”という何とも恐ろし気な別名を持つ「キランソウ」(左)とシソ科の「ジュウニヒトエ」

地獄の釜の蓋

 参議院選挙が近づいてきた。そんな時期が迫ると、しばしば何とも消化しづらい正論で諭されることがある。「投票は国民の義務」という言葉。言われずとも分かっているが、今の政治家には必ず裏があるように思えてならない。そんな気持ちがしょせん選挙権の放棄につながる。こう言えば聞こえは良いが、つまりは興味なし。物知りどころか世間知らず。誤認、誤答、言い間違い、あり得ない戦争発言、果てはその場限りのマイクパフォーマンス。選挙によって選ばれた代表様たちのそんな報道ばかりだから、投票所に足が向かない人が増えるのも仕方がないかもしれない。

 鬼門は丑寅(概ね北東)にあり、そこから鬼つまり災いがやってくるから、それを食い止めるために四神獣のひとつ「玄武」(体が亀で頭が龍の神獣)の像や絵を飾る。民間では破魔矢を鬼門に向けておいたりもする。また、ジゴクノカマノフタという草がある。魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく地獄を釜に見立てて蓋(ふた)をしてしまうというのが由来。これはキランソウの別名で、なんとも恐ろし気な名を付けられたものだが、確かに明るい場所では立ち上がることなく地に張り付いて広がり、蓋をしているようにも見えるが、やぶの中や日陰では太陽光を得るために立ち上がるから、必ず釜の蓋のようになるとは限らない。キランソウはシソ科のジュウニヒトエやニシキゴロモの仲間で、生薬としても利用されてきた歴史がある。ジゴクノカマノフタという別名も、災厄に含まれる病気も地獄から来るものとして考えられていた頃、病気を封じ込める蓋ということから付けられたのだから決して悪い意味ではない。

 つい最近、ただバス停に並んでいただけの子どもたちが襲われるという対策のしようがない事件が起きた。古くは秋葉原の事件もそうだが、最近は捕まりたいから殺人をするとか、人を殺してみたかったとか、狂気は理解できない上に防ぐことが難しい。さらには精神疾患であると裁くこともできない。最悪。理不尽。怒りの矛先を向ける相手がない。どうか今回の事件に触発されるようなやからが出ないことを祈るばかり。

 災いを封じ込める便利なジゴクノカマノフタがないものだろうか。ついでに議員さんたち全員の信用を失墜させてしまう方々も釜の中へ。よく振り塩して。
 

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の50

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の50

11月14日号

鼻煙壺(びえんこ)の「裏側」

町田市立博物館より43

鼻煙壺(びえんこ)の「裏側」

学芸員 山口 佳美

11月7日号

宮司の徒然 其の49

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の49

10月10日号

宮司の徒然 其の48

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の48

9月12日号

宮司の徒然 其の47

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の47

8月22日号

戯画の名手 歌川国芳ってすごい

町田市立博物館より42

戯画の名手 歌川国芳ってすごい

学芸員 今井 圭介

6月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク