町田版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

オペラ歌手で、町田イタリア歌劇団10周年記念公演「アイーダ」に出演する 高橋 未来子さん  相模原市在住 

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

努力と芯の強さで花開く

 ○…物心がついたころから歌うことが好きだった。その原点は、いつもおばあちゃんが歌ってくれた子守歌。耳元に残る優しい歌声を今も覚えている。幼稚園に通う時期から習い始めたピアノ。「歌の道に進みたい」と訴えると、もっと大きくなるまで待ちなさいと言われた。歌好きの少女は高校生になり、また同じように訊ねた。そのときに先生から言われたのが「あなたには無理ね」

 ○…大学卒業後、もっと歌の勉強がしたくて挑戦した大学院受験には失敗。しかし、ここで諦めるほど歌に対する思いは弱くない。改めて「自分が目指す道の厳しさ」を胸に刻んだ。“努力の人”と評される。練習を休まない、遅れない、そして手を抜かない。そうした努力が、少しずつ秘めた才能を開花させる。2年前に受けた藤原歌劇団のオーディションで研究生を飛び越え、準団員に。今年の1月には本公演に出演し、ついに正団員の地位を得た。9月には新国立劇場の舞台も控えるほど、乗りに乗っている。

 ○…「オペラ歌手になることに迷いはなかった」。舞台の上で役を演じながら生の歌声で勝負するこの世界が好きだ。息抜きは塗り絵とジグソーパズル。誰かに止められなければ完成するまでやめないほど没頭してしまう。体育会系の一家に育つが、一番の協力者である父をはじめ家族全員が応援してくれている。

 ○…思いを曲げない芯の強さには自信があるが「ここまで来られたのは周囲の人間に恵まれたから」。自分のことを見いだし、育ててくれたのが町田イタリア歌劇団だと思っている。7月28日(日)の記念公演で演じるのは5周年のときも演じた難しい役どころ。「これまで出会った人、支えてくれる人たちへの感謝の気持ちを込め、今の自分のすべてを出して演じたい」

町田版の人物風土記最新6

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

高野(こうの) 菜々さん

令和2年度文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞した

高野(こうの) 菜々さん

 都内在住 31歳 

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク