町田版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

タッチラグビー日本代表 4年越しのメダル披露 喜びを石阪市長に報告

スポーツ

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
協会公認キャップ帽を石阪市長に手渡す奈良選手
協会公認キャップ帽を石阪市長に手渡す奈良選手

 先に開かれたタッチラグビーワールドカップで日本男子代表チームが初のメダル獲得。キャプテンを務めた町田市出身の奈良秀明選手(36)が6月20日、町田市役所を訪れ石阪丈一市長にその成果を報告した。

 4年に1度開かれる同大会。4月29日から5月4日までマレーシアで開催された。

 タッチラグビー発祥のオーストラリアやラグビー発祥のイングランド、ニュージーランド、南アフリカなどのラグビー強豪国ほか17カ国が参加。

 日本は予選リーグを2位で通過し、決勝トーナメントへ。準決勝でニュージーランドに5対10で敗れ、3位決定戦でパプアニューギニアに5対2で勝利を収め、日本男子チーム初となるメダルを獲得した。

 日本代表選手として5回連続で同大会に出場している奈良選手は「前大会の報告の際には、お見せできなかったメダルを、4年越しにやっと市長に見せることができました。僕個人としては16年越しのメダルですけども」と笑顔で報告。石阪市長は「いやー、すごいね」とメダルを手に取り、奈良選手の長年の活躍とチームの功績を讃えた。

 奈良選手は緑ヶ丘小学校、本町田中学校、忠生高校を卒業し今も市内に住む。日本体育大学時代に同競技を始め、今大会ではチーム最年長選手として参加。

 ラグビーのようなタックルやキックといった危険な要素がなく、最低限の接触(タッチ)でプレー。男女や年齢を問わず誰もが楽しめ、奈良選手は「スポーツとしては人と人とのふれあいを大切にする点、競技としてはスピード感が半端ない」とその魅力を語る。

 その魅力を次の世代に伝えるため現在、本町田にある自身が卒園した「さふらん幼稚園」と町田ゼルビアスポーツクラブで教室を開いている。

 なお今大会では男子代表以外にも女子と男子40歳以上の代表も同じく銅メダルを獲得している。

町田版のトップニュース最新6

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

首都直下型地震に備える

警察署6署合同

首都直下型地震に備える 社会

署員36人が参加

3月25日号

まちだ育成会が優秀賞

都女性活躍推進大賞

まちだ育成会が優秀賞 社会

働きやすい職場作り加速

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク