町田版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

プラごみを減らすには? 町田市消費生活センター

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
センターだよりを紹介する小林会長
センターだよりを紹介する小林会長

 日頃より、プラスチック廃棄の問題に取り組んでいる町田市消費生活センター運営協議会(小林好教会長)。各家庭で週2回出している燃やせるごみの中にプラスチックがどのくらいあるかを21人の委員が1カ月間調べ、その中で、自分の意思で減らせるもの、お菓子袋など自分では制御できないものを分けて、どれだけプラごみの排出を削減できるか調査した。

 市民全体の燃やせるごみ排出量の平均は一人年間150kg、そのうちプラスチックごみは一人31kg。委員の中では、自分の意思で減らせるプラスチックごみは一人当たり年間で、レジ袋109枚、ポリ袋225枚、ラップ8箱(20m巻)分あった。

 7月に町田市民フォーラムで開催された「まちだくらしフェア」では、その「使い捨てプラスチックの排出データ」を掲載し、また、海のマイクロプラスチック汚染について、ジャーナリスト・小林嬌一氏の講演会を開くなどして、来場者にプラごみ問題の重要性を訴えた。

 小林会長は「啓発活動は一つの柱。自分たちで調べたものの方が説得力があります。来場者にもパネルにシールを貼ってもらい、自分たちがどれだけプラごみを排出しているかを自分たちの目で確認してもらいました。レジ袋の有料化などでエコバックの使用は増えていますが、ラップの使いまわしなどはまだまだ。しっかり啓発して、みんなができるところから削減していければ」と話す。

 同協議会では毎月センターだよりを発行し、暮らしに役立つ情報を発信している。

町田版のローカルニュース最新6

今年も熱い2日間がやってくる

今年も熱い2日間がやってくる 文化

フェスタまちだ2019

9月12日号

ゼルビアで食育啓発

ゼルビアで食育啓発 スポーツ

リニューアルオープン

9月12日号

人生の第二幕も楽しむ

人生の第二幕も楽しむ 文化

アクティブシニア×落語

9月12日号

認知症を分かりやすく

認知症を分かりやすく 社会

町田駅そばで市民公開講座

9月12日号

「空飛ぶランドセル」を報告

「空飛ぶランドセル」を報告 社会

東京町田・中ロータリークラブ

9月12日号

調髪利用券が便利

調髪利用券が便利

訪問美容サービス

9月12日号

身体動かしリフレッシュ

サン町田旭体育館

身体動かしリフレッシュ スポーツ

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク