町田版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

町田市 駅周辺で駐輪場シェア 放置自転車対策に注力

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
民家のデッドスペースを活用した例
民家のデッドスペースを活用した例

 町田市内の各駅周辺にある駐輪場の混雑解消や放置自転車の減少を図るため、市は10月23日、駐輪場のシェアサービスを展開するアイキューソフィア(東京都新宿区)と協定を締結した。初年度は町田駅、南町田駅周辺のビルや店舗の空きスペースなどを活用し、それぞれ200台分の増設を目指す。同社による行政との協定は5例目。

 導入するのは、同社が提供する駐輪場シェアサービス「みんちゅうSHERE─LIN(しぇあ─りん)」。同社によると首都圏を中心に全国約400カ所で導入されており、利用者はスマートフォンの専用アプリから登録されている好きな駐輪場を選ぶ。ワンタッチ操作で予約から支払いまでが手軽にできる利便性が売りだ。一方、貸す側にとってもメリットがある。ラックなど駐輪場設備が不要。シールで仕切る駐輪場1台分の広さは縦2m×横0・5m。設置コストゼロで、空きテナントや階段下などのデッドスペース、民家の庭など1台分から活用できる。店舗の休業日や営業時間外のみの活用も。

 料金は駐輪場ごとにオーナーが決定し、時間貸し、日付貸し、月極などエリアやニーズによっても設定を変えられる。

 市によると2018年度には、町田駅、成瀬駅、相原駅など8駅で約3000台の放置自転車を撤去した。また、各駅周辺の市営駐輪場は通学通勤時間を中心に慢性的に満車状態。今年の9月末現在で2962台のキャンセル待ちがあり、それらを改善したい考えだ。

 同日の締結式で石阪丈一市長は「駅周辺はどこも地価が高く、また場所も新規で増設するのは難しい。エコロジーでエコノミー。まさに時代にあったサービスで大変ありがたい」話し、同社の中野里美社長は「町田は学生時代に4年間暮らしていて所縁のある市。市民の暮らしをよりよくしたい。そして、町田をモデルケースに全国に普及していけたら」と述べた。
 

サービスの説明をする中野社長
サービスの説明をする中野社長

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

観光資源の魅力を向上

町田薬師池公園

観光資源の魅力を向上 社会

初の夜間ライトアップ

11月14日号

次につながる勝利

FC町田ゼルビア

次につながる勝利 社会

ホーム最終戦に残留かける

11月14日号

全国初の自家用有償運転

鶴川団地 電動カート

全国初の自家用有償運転 社会

公道走り住民の足に

11月7日号

町田の魅力を全国に

地域産業 活性化

町田の魅力を全国に スポーツ

信金ネットワークでPR

11月7日号

桜美林キサイサ圧巻

箱根駅伝予選会

桜美林キサイサ圧巻 スポーツ

3年連続の個人トップ

10月31日号

ゼルビアの名と共に

ゼルビアの名と共に スポーツ

来季は名称、ロゴは現行のまま

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク