町田版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

バングラデシュから6人 技能実習生受け入れ人材育成 地域に根差し19年 町田病院

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
この日休みの2人を合わせて6人みんな仲良しだ
この日休みの2人を合わせて6人みんな仲良しだ

 「地域医療を守ることは皆様の健康と幸せを守ること」と、地域に根差した医療を行う医療法人社団創生会町田病院(五十子桂祐院長)は各種外来の診療を行いながら急患を随時受け入れる「東京都指定二次救急医療機関」。かかりつけ医と、最先端の医療機器で最良の医療を提供する大学病院などの総合病院をつなぐ、地域になくてはならない存在だ。

 看護師らのアシスタント業務を担うために外国人材を受け入れ、その育成を行っている町田病院。昨夏よりバングラデシュからの技能実習生6人が働いている。

 高齢者が多い入院患者の身体介助が主な仕事。清拭や入浴・食事の介助などを行っている。医師や看護師、患者とのコミュニケーションがしっかりと取れることが重要なため、難しい日本語の習得や生活面も病院を挙げてサポート。名札をひらがな表記にしたのもその一環だ。教育係を務める看護部長の岩淵美和子さんは「いつでも笑顔で、頑張りたい、学びたいという意欲が強い」と評する。技能実習生のメイタンヌエ・マルマさん(20)は「初めてのことが多く、最初は難しかったけど慣れてきました。色々と教わるのが楽しい」と笑顔で話した。

 6人は3年の実習を終え、希望すればその後2年働くことができる。人手不足に悩む医療現場。同院が取り組む人材育成が、日本の医療を守る選択肢の一つとなる。

患者を介助するオロリカさん
患者を介助するオロリカさん

町田病院(技能実習生)

町田市木曽東4-21-43

TEL:042-789-0502

http://www.machidahospital.jp/index.html

町田版のピックアップ(PR)最新6

台風到来前のチェックリスト

台風到来前のチェックリスト

1つでも当てはまれば危険

9月10日号

飛蚊症って何?

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

飛蚊症って何?

三成会 新百合ヶ丘総合病院

9月10日号

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

新規開院

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

相模原町田血管外科クリニック

9月3日号

無料相談を受け付け

対面でも、オンラインでも

無料相談を受け付け

結婚相談所ALUMO

9月3日号

やっぱり町田で働きたい

無資格・未経験者歓迎 福祉のしごと

やっぱり町田で働きたい

9月12日(土) 相談・面接会

8月27日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク