町田版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

大河ドラマで注目 光秀の書状が町田に 開館予定の泰巖美術館が所有

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
明智光秀が天正4年に送った書状
明智光秀が天正4年に送った書状

 NHK大河ドラマの新たな作品「麒麟がくる」が1月19日(日)から放映される。同ドラマは戦国時代から安土桃山時代を生きた武将で大名であった明智光秀の生涯を描く。その光秀にまつわる書状が町田市内にあった。

 明智(惟任(これとう))光秀が小畠左馬進(さまのしん)という武将に送った今でいう手紙や書簡にあたる書状を所有するのは一般財団法人太陽コレクション(山中泰久代表理事) 。

 書状は天正4年(1576年)6月13日に書かれたもので、光秀が病を患った際に左馬進が飛脚を飛ばして書状を送ってくれたお礼とあわせ、普請番などの役目を一生懸命務めている様子に満足していること、また引き続き努力を怠らない旨が記されている。

 山中代表は約30年前から織田信長をはじめ豊臣秀吉、徳川家康ほか戦国武将ゆかりの書状や書画、武具、茶道具などの史料を集め、コレクションは現在600点を超える。

 収集のきっかけを「史料を通じ戦国時代の武将たちの勢力分布や思惑が、より現実味を帯びて感じることができる」と話す。この書状のほかにも光秀の史料3点、女婿の秀満の史料3点を所有。

 これらのコレクションは大河ドラマの影響もあり、九州をはじめ大阪府や岐阜県などの博物館への貸し出しが決まっているという。

今春に開館予定

 現在、所有するコレクションを戦国史に興味をもつ多くの人に見てもらいたいと 「泰巖(たいがん)歴史美術館」を中町1丁目に建設中。美術館名の泰巖は織田信長の戒名である「総見院殿贈大相国一品泰巖尊儀」に由来するもので、泰然自若として威厳があることを意味する。

 美術館の見どころは、1階、2階部分を吹き抜いて設置した織田信長が建造した安土城の実寸大の天守復元で開館を3月22日(日)に予定。

 美術館の詳細・問い合わせは【電話】042・726・1177まで。

入手したのは10年以上前と話す山中代表
入手したのは10年以上前と話す山中代表

町田版のトップニュース最新6

7月より行政回収開始

小型充電式電池など

7月より行政回収開始 社会

ごみ処理施設の火災受け

6月23日号

男女平等の新プラン策定

町田市

男女平等の新プラン策定 社会

SDGs推進等新たな視点も

6月23日号

市内子ども食堂を一目で

サルビアRC

市内子ども食堂を一目で 社会

35周年事業でマップ作成

6月16日号

中1生3人、吟詠コン入賞

町田市吟詠連盟所属

中1生3人、吟詠コン入賞 文化

2人は東日本地区大会へ

6月16日号

デジタル初心者支援で表彰

町田商工会議所

デジタル初心者支援で表彰 社会

マンツーマンの手厚さ評価

6月9日号

レシピ本で野菜摂取促進

町田市

レシピ本で野菜摂取促進 社会

味の素、スーパー三和と連携

6月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook