町田版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

防災意識が高すぎる会社 オリジナルソングを作成

文化

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
作詞を担当した小島さん(写真左)と作曲を担当した江本社長
作詞を担当した小島さん(写真左)と作曲を担当した江本社長

 まちだテクノパーク(小山ヶ丘)内の(株)ユニロックの江本茂夫社長が、動画提供サイト『YouTube』に防災ソング「逃げろ逃げようの歌」を歌う姿を上げている。

 同社は電子顕微鏡の除振部品を提供する会社。

 パーク内で防災委員を務める社員の小島義彦さんは歌詞を書くのが趣味。防災意識を少しでも高めてもらいたいと作った詞を江本社長に見せたところ、ギターの弾ける江本社長が曲を提供。「最初はブルース調の曲に歌詞にのせてみたんだけど、ダメだしをされた」と苦笑い。

 せっかく作ったオリジナルソングを広めるべく、YouTubeに上げたが、撮影場所は事務所というお手軽さ。この歌以外にも2人でゼルビアレディースの応援歌(非公式)、同チームに所属する社員の選手の応援歌なども手掛けた。

 小島さんの防災アイデアは歌にとどまらず、出社時に胸に下げる社員証には防災ホイッスルと避難時に使用する避難ボードに貼るための個々の名前を書いたマグネットシートをセットにしてある。さらに下駄箱にも工夫を凝らし、点呼を取らずとも一目で誰が社内に不在なのかが分かるようにしてある。「社長が好きにさせてくれるので、当社の防災対策はバッチリ」と小島さんは胸を張る。YouTubeの検索窓に『株式会社ユニロック』と入力すると動画を見ることができる。

町田版のローカルニュース最新6

ポケふた探しの散歩はいかが

ポケふた探しの散歩はいかが 文化

町田市民文学館でミニ展示

4月15日号

西園が開園1周年

薬師池公園

西園が開園1周年 文化

アニバーサリーイベント開く

4月15日号

竹林活かし新たな価値を

竹林活かし新たな価値を 文化

小野路でまちだ○ごと大作戦

4月15日号

「爽快」グラウンド吹き矢

「爽快」グラウンド吹き矢 スポーツ

コロナ禍で生まれた楽しみ方

4月15日号

グリーンインフラ大賞の優秀賞

南町田グランベリーパーク

グリーンインフラ大賞の優秀賞 社会

4月15日号

ゴミ減量に3Rを

ゴミ減量に3Rを 社会

マップ作成し普及啓発

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter