町田版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

名産品&音楽の祭典 もっと町田が好きになる 2月24日ぽっぽで初

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
お気に入りの名産品を手にする彩ショルさん=ツーリストギャラリーで
お気に入りの名産品を手にする彩ショルさん=ツーリストギャラリーで

 町田市からの贈り物をテーマにした「町田名産品まつりwithとっておきの音楽祭」が2月24日(祝・月)、ぽっぽ町田イベント広場で行われる。時間は午前10時40分〜午後4時(販売は11時から)。昨年まで市役所で開いていた名産品まつりの会場をより多くの人が行き交う街中に移し、音楽祭と合わせるのは初めて。荒天中止。

 「町田名産品」とは市民の郷土意識を高め、市内観光振興や商工業の発展を目的に推奨委員会が認定した商品。2年ごとに認定され、現在は過去最多の32事業者59品目がある。今回は商品が一堂に会し、さまざまなものを手にすることができる絶好の機会。名産品アンバサダーを務める町田生まれ町田育ちのシンガーソングライターの彩(あや)ショルさんは、すべての名産品を食べて、動画配信サイトで紹介している。「どれも地元の素材を生かし、こだわったものばかり。これが町田の味だと知ってもらいたい」。お薦めとして、種類が多くていろいろな味が楽しめる「町田ラスク」、自身も料理に使っている「日本一国産丸大豆しょうゆ」、珈琲が苦手な人にも飲んでほしいという「薬師ブレンド」「まほろブレンド」を挙げた。「会場でお気に入りを見つけ、実際のお店にも足を運んでくださいね」と笑顔で付け加えた。

音楽で盛り上げ

 同時開催の「とっておきの音楽祭」は障害がある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽の力で心のバリアフリーを目指したイベントだ。彩ショルさんも出演。ほか「マジキッシュ」「しゅわップringミユキ」などのステージプログラムが楽しめる。

 特別企画として福引き大会も実施。500円買い物ごとに、はずれなしの福引きに1回参加できる。まちだ名産品のれん会の岡健司会長は「多くの方に知ってもらうため、中心地に会場を移して開催します。ぜひ名産品を見に来て、味わってほしい」と話す。問合せは町田市観光コンベンション協会【電話】042・724・1951まで。

町田版のトップニュース最新6

フットパス協会10周年

町田市発祥

フットパス協会10周年 社会

全国から会員が集結

2月13日号

15回を記念し回顧展

つる雛愛好会

15回を記念し回顧展 社会

100年前のひな人形も

2月13日号

関東制し、全国へ

ぺスカ“弟分”アスピランチ

関東制し、全国へ スポーツ

フットサル日本一めざし

2月6日号

駅前「ホコ天化」実験

原町田大通り

駅前「ホコ天化」実験 社会

車両規制して検証

2月6日号

「市民の足」実験を開始

交通空白地区解消へ

「市民の足」実験を開始 社会

つくし野と高ヶ坂・成瀬

1月30日号

光演出で魅力引き出す

桜美林大の学生が協力

光演出で魅力引き出す 教育

芹ヶ谷公園の再整備

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク