町田版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

町田市発祥 フットパス協会10周年 全国から会員が集結

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
9日のウォークイベント
9日のウォークイベント

 「フットパス」による街づくりを推進している自治体・各種団体が連携し、2009年に町田で設立された日本フットパス協会(石阪丈一会長=町田市長)が2月8日、市内ホテルで設立10周年記念式典を行った。全国各地から集まった会員らが、活発なトークセッションを繰り広げ、自分たちの町やコースの魅力を発信しあった。

 イギリスで発祥したフットパス活動。地域に昔からある風景を楽しみながら歩くことができる小径(こみち)のことを「フットパス」と呼ぶ。市では同協会理事の神谷由紀子さんが事務局長を務める「NPO法人みどりのゆび」が中心になり、1990年代半ばから地元住民が自然や古くからある景観を楽しみながら歩く催しを行うようになった。同じ頃に北海道や山形県長井市、山梨県甲州市などでも始まり、連携を図ろうと日本フットパス協会の設立に至った。現在は同協会に加盟する65団体を含めて日本全国135団体がフットパスを設置。コースは580本に上り、全国の総距離は4278・2Kmとなっている。

町の活性化にも

 市内には35のフットパスコースが設定され、市はそのコースを歩く観光を推進している。神谷さんは「名所や旧跡がなくても、自分たちのすぐそばに魅力があることを伝えたい。ありのままの風景、それは里山だったり、老舗と新店が混在する街並みだったり。歩いて感じて自分たちの町をもっと好きになってもらいたい」と語る。

 翌9日には「皆の好きな都会・里山ミックスのまち町田」というテーマでウォークイベントが催された。みどりのゆびや鶴川のインバウンドを考える会などのメンバーがガイドを務め、町田駅周辺の商店街、鶴川、薬師池、三輪、小野路の5コースをそれぞれ20人〜40人の参加者が回った。

ホテルを会場に行った記念シンポジウムの様子
ホテルを会場に行った記念シンポジウムの様子

町田版のトップニュース最新6

初の8署合同で啓発

町田警察署

初の8署合同で啓発 社会

安全運転呼びかけパレード

10月1日号

格闘技の世界大会で王者に

山崎秀晃選手

格闘技の世界大会で王者に スポーツ

地元の応援を背に受けて

10月1日号

10月から場所を移転

PCR検査場

10月から場所を移転 社会

サン町田旭体育館は再開

9月24日号

発展性を高く評価

トライアル発注認定商品

発展性を高く評価 経済

新たに2商品を認定

9月24日号

ホームレス支援で発足

市民団体りぼん

ホームレス支援で発足 社会

夜回りで声掛け活動

9月17日号

架設工事いよいよ開始

(仮称)旭町陸橋

架設工事いよいよ開始 社会

再来年の本線開通見込む

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月1日号

お問い合わせ

外部リンク