町田版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

町田市発祥 フットパス協会10周年 全国から会員が集結

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
9日のウォークイベント
9日のウォークイベント

 「フットパス」による街づくりを推進している自治体・各種団体が連携し、2009年に町田で設立された日本フットパス協会(石阪丈一会長=町田市長)が2月8日、市内ホテルで設立10周年記念式典を行った。全国各地から集まった会員らが、活発なトークセッションを繰り広げ、自分たちの町やコースの魅力を発信しあった。

 イギリスで発祥したフットパス活動。地域に昔からある風景を楽しみながら歩くことができる小径(こみち)のことを「フットパス」と呼ぶ。市では同協会理事の神谷由紀子さんが事務局長を務める「NPO法人みどりのゆび」が中心になり、1990年代半ばから地元住民が自然や古くからある景観を楽しみながら歩く催しを行うようになった。同じ頃に北海道や山形県長井市、山梨県甲州市などでも始まり、連携を図ろうと日本フットパス協会の設立に至った。現在は同協会に加盟する65団体を含めて日本全国135団体がフットパスを設置。コースは580本に上り、全国の総距離は4278・2Kmとなっている。

町の活性化にも

 市内には35のフットパスコースが設定され、市はそのコースを歩く観光を推進している。神谷さんは「名所や旧跡がなくても、自分たちのすぐそばに魅力があることを伝えたい。ありのままの風景、それは里山だったり、老舗と新店が混在する街並みだったり。歩いて感じて自分たちの町をもっと好きになってもらいたい」と語る。

 翌9日には「皆の好きな都会・里山ミックスのまち町田」というテーマでウォークイベントが催された。みどりのゆびや鶴川のインバウンドを考える会などのメンバーがガイドを務め、町田駅周辺の商店街、鶴川、薬師池、三輪、小野路の5コースをそれぞれ20人〜40人の参加者が回った。

ホテルを会場に行った記念シンポジウムの様子
ホテルを会場に行った記念シンポジウムの様子

ほけんの110番三和こどもの国

保険のことなら何でも相談下さい!相談は無料です!WEB予約も可能!

https://www.e-hoken110.com/shop/180.html

<PR>

町田版のトップニュース最新6

総額は過去最大規模

2020年度予算案

総額は過去最大規模 経済

新たな取り組みは12事業

2月20日号

チョコ配り事故防止啓発

町田警察署

チョコ配り事故防止啓発 社会

町田交通安全協会が協力

2月20日号

15回を記念し回顧展

つる雛愛好会

15回を記念し回顧展 社会

100年前のひな人形も

2月13日号

関東制し、全国へ

ぺスカ“弟分”アスピランチ

関東制し、全国へ スポーツ

フットサル日本一めざし

2月6日号

駅前「ホコ天化」実験

原町田大通り

駅前「ホコ天化」実験 社会

車両規制して検証

2月6日号

もっと町田が好きになる

名産品&音楽の祭典

もっと町田が好きになる 社会

2月24日ぽっぽで初

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク