町田版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

医療から介護をスムーズに 連携支援センターを開所

社会

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena
医療と介護の連携支援センターのスタッフたち
医療と介護の連携支援センターのスタッフたち

 少子高齢化に伴い、町田市内でも在宅で療養する人のさらなる増加が想定される。より効果的な医療と介護・福祉の連携体制を構築するため、市は4月1日、新たに「在宅医療・介護連携機能強化型地域包括支援センター(医療と介護の連携支援センター)」を木曽西に開設した。

 同センターでは在宅で療養する高齢者を医療と介護の専門職が連携し、チームとなって支えることができるよう各種支援を行っていく。各専門職からの相談対応や、市全域の課題を整理し、必要な施策に繋げるためのパイプ役を担う。また、市内の高齢者支援センターに対し、ケアマネジメントの支援や地域包括支援ネットワークの構築、地域課題の把握を目的とした「地域ケア会議」を運営するほか、医療依存度が高い高齢者の対応などの後方支援を実施する。

 市内の高齢者の在宅療養を支えるため、2013年に市と町田市医師会を中心とする多職種で連携して誕生した「町田・安心して暮らせるまちづくりプロジェクト(町プロ)」。協議会や研修会を重ね、地域住民への普及活動などを行ってきた。その中で出た数々の課題に介護側、医療側の温度差のようなものが感じられ、両者を一つにまとめる必要性が生じた。そこで昨年、同センター設立の構想が立ち上がり、公募に応じた町田病院を運営する医療法人社団 創生会が手を上げた。

 管理責任者の長谷川昌之さんは「高齢者が回復して退院しても、生活が整わない『介護力がない』家庭は多い。ベッドの準備など、家族の負担も不安も多い。医療だけで終わらせず、しっかりと介護につなぐ役割。各エリアにある高齢者支援センターを、医療の立場を理解する側面からサポートします」と話す。

 同センターが設置されたKISOコミュニティベース(木曽西4の12の22)には、他に町田病院訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所が入り、5月から看護小規模多機能型居宅介護「ハーモニー」が開所する。

 同センターの開設時間は午前8時30分〜午後5時。土・日・祝日、年末年始は休業。【電話】042・794・6527

町田版のトップニュース最新6

実施期間を1年延長

まちだ〇ごと大作戦

実施期間を1年延長 社会

コロナ禍で35件実施できず

6月4日号

お店の取組みさまざまに

お店の取組みさまざまに 社会

町田市商連加盟の各店で

6月4日号

飲食デリバリーを開始

東日本タクシー

飲食デリバリーを開始 社会

新機軸で地元を応援

5月28日号

バラ840株 華やかに

野津田公園

バラ840株 華やかに 社会

今の広場で「最後の見ごろ」

5月28日号

ドライブスルーで野菜販売

【Web限定記事】

ドライブスルーで野菜販売 社会

「密」状態の不安を解消

5月21日号

元気な顔を見たいから

【Web限定記事】

元気な顔を見たいから 教育

町田こばと幼稚園でオンライン入園式

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク