町田版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

町田市 避難所を44カ所に増設 コロナ感染リスク抑え

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 東京都では7月15日から感染者数200人以上が4日続くなど、新型コロナウイルスの感染が再度拡大。市内でも増加がみられる。7月初旬には九州地方や岐阜、長野県で梅雨前線の影響による豪雨で河川が氾濫するなど甚大な被害が生じ、被災地ではコロナ禍における避難所の在り方が課題となった。それに伴い市も避難体制を強化する。

 町田市はこのほど、避難準備等の発令時に開設する施設の配置や数を見直すなど、風水害時の避難体制を強化すると発表した。昨年10月の「令和元年東日本台風」は日本各地で甚大な被害をもたらし、町田市でも3085人の避難者が発生。これは過去の災害で最も多い人数で、小中学校などに開設された25カ所の避難施設が混雑したため、8ケ所を追加開設して対応した。今後は当初より避難施設を32施設、臨時避難施設を12施設に増やして開設する。

 避難施設は避難情報が発令されたときに開設され、仮宿泊が可能。臨時避難施設は河川の増水やがけ崩れの前兆などから自主的に避難する人たちに開放する。ほかに、避難施設が工事で使用できない際や災害の状況によって予備的に開設される予備避難施設が21カ所指定されている。

社会的距離(ソーシャルディスタンス)を

 避難所増設に伴い、一人当たりのスペースを増やすことで「3密」の回避など感染リスクを抑える取組を追加した。他人との距離を2m確保することができるよう、一人当たりのスペースを従来の1・65平方メートルから4平方メートルに拡大する。

 また避難者の検温を行うための非接触型体温計、消毒液、マスクなどの感染症対策物資、養生テープ、避難施設開設モデルマニュアルなどの備品、帳簿類などを収納したキットを整備することで開設、運営を円滑に実施する。市は「避難の際には感染症防止のため、マスク・消毒液・体温計・上履き・ごみ袋などは自ら携行していただき、食料や寝具・衛生用品等は持参してほしい」と呼び掛けている。

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6

国の重要無形文化財に

南町田在住井上さん

国の重要無形文化財に 教育

能楽師として保持者認定

8月13日号

公認キャラを投票で

金森図書館

公認キャラを投票で 文化

開館20周年を盛り上げる

8月13日号

3年生だけで有終の美

町田ボーイズ

3年生だけで有終の美 スポーツ

「成長過程の思い出に」

8月6日号

1学期の頑張りを共に労う

専門家に聞く

1学期の頑張りを共に労う 教育

コロナ禍に迎えた夏休み

8月6日号

ステッカーでエコ啓発

町田市

ステッカーでエコ啓発 社会

環境に優しい運転の証

7月30日号

被爆体験語り継ぎ

生涯学習センター

被爆体験語り継ぎ 社会

戦後75年を迎え

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク