町田版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 飛蚊症って何? 三成会 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
 眼科松島 亮介医長
 眼科松島 亮介医長

 飛蚊症とはその字の通り、蚊のような黒い影が見える状態を言います。中には糸くずのようなものが見えるという人もいます。

 眼球の中には硝子体という無色透明なゼリー状の組織が充満しており、年齢が上がることで硝子体が濁っていきます。その濁りは眼球に光が入ってきた際に影となるため、黒い点として自覚されることがあります。

 ほとんどの場合、飛蚊症は先ほど述べたような原因で起こり、生理的飛蚊症と言って、特に治療を必要としないものです。ただし、その影が急激に増えたり、視力が落ちてくるような場合は網膜剥離や出血が起きている場合があります。

 特に網膜剥離である場合は早急に治療が必要になることがあるため、飛蚊症を自覚した際は、眼科での精査をおすすめします。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

町田版のピックアップ(PR)最新6

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

9月24日号

台風到来前のチェックリスト

台風到来前のチェックリスト

1つでも当てはまれば危険

9月10日号

飛蚊症って何?

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

飛蚊症って何?

三成会 新百合ヶ丘総合病院

9月10日号

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

新規開院

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

相模原町田血管外科クリニック

9月3日号

無料相談を受け付け

対面でも、オンラインでも

無料相談を受け付け

結婚相談所ALUMO

9月3日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク