町田版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

町田シバヒロのイベントで木版画のワークショップを行う 石橋 佑一郎さん 小山町在住 34歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

「だからこそ」の味を出す

 ○…カワセミのイラストを薄い和紙に刷り、たこにして空高く揚げる。中町のコミュニティースペースで木版画のワークショップをしてきた縁で、市のイベントに参画。普段は額装展示用の版画を作っているが、変わったことをやろうとたこにした。子どもにも簡単にできて、大人も楽しめる。なにより「屋外でのたこ揚げなら密になりようがないですし」。

 ○…銅板やリトグラフ、シルクスクリーンなどの種類がある中で、大掛かりな機材の必要がない木版画を選んだ。繊細じゃないからこそ表現に味が出る。「その不便さみたいなものが好きですね」。浮世絵が絵師、彫師、刷り師による分業で作られたように、版画は表現だけでなく作業が必要だという。生み出すことに没頭すると頭がパンクする。この、ただ彫る作業がちょうどいい息抜きになるという。

 ○…福岡で精神科医の父、薬剤師の母のもとに生まれる。幼い頃からモノ作りが好きで家の中で図鑑を読み込んだり、超細かい迷路を書いたりしていた。高校で美術部に入部、多摩美大への入学を機に上京した。写実的に「うまく」描くのを好んでいたが、大学に入り自分の内にあるものを表現し始めた。「自由にやりたくなっちゃって」。作品を見る人がいろいろな受け取り方ができるのが美術だ、と説く。卒業後、大学院を出て、助手や非常勤講師も務めた。

 ○…現在知人に借りて住んでいる一軒家の改築に夢中。天井を取り除いてボルダリング用の壁を作ったり、やるからには思い切り自由に。「もちろん許可を得ましたよ」と笑う。制作に行き詰った時、壁に上って汗をかく。「作品だけで食べていくにはまだ…」だが、同業の彼女との結婚も視野に入れ、作家としてのステップアップを図る。

町田版の人物風土記最新6

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

黒岩 まゆさん

町田パリオで開かれる「パリコレッ!芸術祭2020」に参加する現代美術家の

黒岩 まゆさん

相模原市在住 36歳

10月15日号

石橋 佑一郎さん

町田シバヒロのイベントで木版画のワークショップを行う

石橋 佑一郎さん

小山町在住 34歳

10月8日号

紙谷 正人さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」の普及に努める

紙谷 正人さん

横浜市在住 41歳 

10月1日号

東田 修一さん

警視庁町田警察署長に就任した

東田 修一さん

警視正 56歳

9月24日号

渡辺 有一さん

町田市民文学館で9月29日から絵本の原画を展示する

渡辺 有一さん

市内在住 77歳

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク