町田版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

地域のものづくりで連携 教育や人材育成を目指し

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ土井理事長(右)と前田校長
協定を結んだ土井理事長(右)と前田校長

 一般社団法人ものづくり文化振興協会(土井康作理事長)と都立町田工業高等学校(前田平作校長)が3月23日、地域のものづくり教育・文化振興に係る連携協定を結んだ。これにより地域の中で「ものづくり」のネットワークを広げ、技術教育分野への人材派遣など、両者にとって大きなメリットのある協力体制が整うことになる。

 原町田に拠点を置く同協会は昨年12月に法人化。「ものをつくる文化が尊重される社会」を目指し、体験の場の創出、人材の養成、ネットワークの構築などを活動目的にする。今回の連携は協会が実行委員会を立ち上げて主催した2019年の「ものづくりチャレンジ大作戦」事業の際に、同校の生徒たちがアドバイザーとして関わったことにさかのぼる。東京学芸大学で非常勤講師も務める土井理事長は「互いが持っている人材や資材などを使って地域にものづくりの輪を広げることができる。一方、生徒や教員の地域活動の推進や教材開発研究を図るなど、連携、学びを包括的に行いたい」と話した。

指導者育成にも注力

 1963年、忠生に開校し地域貢献活動にも力を入れる町田工業高校は、都内で唯一の総合情報科というIT社会に対応した専門学科を持つ。土井理事長の成瀬台中教諭時代の教え子でもある前田校長は「わが校に脈々と続く電気と機械、デザインを含めてものづくりをしっかり推進していきたい。協会と連携することで今まで以上に生徒たちの活躍の場が増え、学校が地域に向けてものづくりの大切さをアピールすることができる」と喜んだ。

 今後両者は「まちだ〇ごと大作戦」として行う子どもたちにものづくりを体験させるイベントの継続や、教員や生徒が指導者育成に向けてスーパーバイザーのような形で参加することで協力し合う。また、学校が子どもたちにとって地域のものづくりの拠点となることも期待する。

町田版のトップニュース最新6

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

首都直下型地震に備える

警察署6署合同

首都直下型地震に備える 社会

署員36人が参加

3月25日号

まちだ育成会が優秀賞

都女性活躍推進大賞

まちだ育成会が優秀賞 社会

働きやすい職場作り加速

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク