町田版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

RUN伴まちだ 動画で思いつなぐ タスキリレーは断念

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
▲活動紹介の動画を撮影する実行委員メンバー(同実行委員会提供)
▲活動紹介の動画を撮影する実行委員メンバー(同実行委員会提供)

 「認知症にやさしいまちづくり」の取組の一環で2012年から実施されている「RUN伴(らんとも)まちだ」。コロナ禍で昨年は中止となったため、今回が9回目となるRUN伴まちだ2021(土志田敏伸実行委員長)が10月3日(日)、動画配信という形で行われる。苦渋の決断でタスキリレーを中止としながら、オンラインでも認知症当事者やその家族、支援者、地域との繋がりを持ちたいという思いが込められている。

 「RUN伴」とは、認知症の人やその周りの人たちが一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベント。タスキをつなぐという体験や出会いから、認知症への理解を深め、暮らしやすい地域づくりを提案することを目的に、2011年に北海道から始まり、全国へと広がった活動。町田市でも2年ぶりとなる開催の準備が進められてきたが、実行委員会は8月末、現在の状況を鑑み、タスキリレーを中止することを決定した。

直接会えなくても繋がる

 タスキリレーの中止を受けて今年は「動画でRUN伴!全動画お披露目会」として、リレー参加予定者や医療・介護に関わる事業所などから送られたり、実行委員が撮影したりした「走って動画」と「活動紹介動画」をホームページ上で配信する。土志田委員長は「これまではタスキを繋げて、人と人の繋がりを広げてきました。しかしそうした繋がりを広げるのが難しい状況。今年は今まで繋がってきたものを振り返ってみるのもありかと思います」と話し、「直接会えなくても動画で今まで繋がってきた人たちの声を聞いたり、笑顔を見たりすることで嬉しい気持ちや楽しい気持ちになる。認知症にやさしいまちづくりに関わり、地域で活動している人たちやRUN伴の思いを乗せて走った人たちの活動を動画を通して広く知ってもらうことで、このお披露目会を再会と出逢いの場にしたい」と述べる。

 RUN伴まちだ2021は10月3日(日)、午後2時から同HP(【URL】https://runtomo-m-2021.localinfo.jp/)で公開。
 

ポスターを手にする土志田委員長
ポスターを手にする土志田委員長

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook