町田版 掲載号:2022年4月14日号 エリアトップへ

健康志向高まる食卓へ届けたい 開発、麹を使った発酵無添加ソーセージ 成瀬台 クロイツェル

社会

掲載号:2022年4月14日号

  • LINE
  • hatena
発酵無添加ソーセージとベーコンを紹介する店主の吉岡さん
発酵無添加ソーセージとベーコンを紹介する店主の吉岡さん

 免疫力を高めるといわれる発酵食品。ドイツ製法手づくりハム・ソーセージの専門店クロイツェル(成瀬台2の16の2)はこのほど、宮崎県の醤油・味噌専門メーカーと共同開発した「発酵無添加ソーセージ・ベーコン」の販売を開始した。発色剤や決着剤などは使わず、麹菌で発酵させた豚肉を調理・加熱して仕上げた商品で、店主の吉岡学さんは「考案から7、8年。日本では初めての商品化だと思います」と意気込む。

試行錯誤を重ね

 大学時代の仲間で、味噌・醤油等の製造会社を営む吉田努さんと共同で、日本の発酵技術を用いた食肉加工品の開発に試行錯誤してきた吉岡さん。同社の大麦麹を発酵させることで、豚肉のタンパク質が分解され、アミノ酸、ペプチド等が増加し肉本来の旨味を引き出すことを発見。また麹が肉の繊維を分解し、柔らかく食べやすくすることにも成功し、化学調味料などを使わずに無添加で仕上げた健康志向のソーセージ・ベーコンの製造にこぎつけた。「将来を担う子どもたちやご高齢者のいるご家庭の食卓で、安心して食べていただきたいですね」と吉岡さん。

 購入・問合せは同店【電話】042・725・2231へ。

町田版のローカルニュース最新6

「困窮者支援に役立てたい」

「困窮者支援に役立てたい」 社会

スーパーが市社協に寄付金贈呈

6月30日号

町田JCウクライナへ救援金

町田JCウクライナへ救援金 社会

50万円を市通じ赤十字へ

6月30日号

「文化こそ心の養生」

市文協

「文化こそ心の養生」 文化

落語文化に親しむ

6月30日号

下敷き配り、夢与え

下敷き配り、夢与え スポーツ

ゼルビア選手が小学校を訪問

6月30日号

慰霊の日、沖縄へ寄付

慰霊の日、沖縄へ寄付 社会

物産展「沖縄宝島」

6月30日号

生け花の祭典、3年ぶり

生け花の祭典、3年ぶり 文化

約1100人が花と語らう

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook