町田版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

市内にアトリエ兼絵画教室を構える画家で、今月町田パリオで個展を開く 大石 正巳さん 森野在勤 84歳

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena

為せば成る、画家人生

 ○…約16年前から町田にアトリエを構える。銀座の画廊や町田の小田急百貨店でも個展を開催。パリの風景をモチーフとした作品を得意としていたが、近年は内側から溢れる感情を大胆に表現する抽象画を描く。「何をしたいのか自分で探してる状態。自分でも予想できないものが現れた時が完成だね」。最近では、音楽を絵で表せないかと実験中だ。

 ○…静岡県出身。幼いころから音楽と絵描きと遊びが大好き。母からの「為せば成る、為さねばならぬ何事も」の言葉を胸に、小学生の時には書道で11時間書き続けたこともある。「しつこいんだよね俺は。自分で納得したいから」と自己分析。日体大へ進学後は教員の道へ。本格的に絵を始めたのは就職後。春になると美しい草花を「描きたくてうずうず」していた。職場の美術教師に頼み道具を揃え、通勤時に通る銀座で画廊に立ち寄り、センスを磨いた。

 ○…体育教師として働く傍ら、趣味で続けた絵がだんだんと認められコンテストで入選するように。忠生高校で定年を迎えた後、絵を描くため夫人を置いて単身渡仏。日本にはない建物や町の看板、画廊の多さに触れ、一日中街を歩いてはスケッチを繰り返した。「パリでは落書きすらアート。町全体がアートだったね」と振り返る。その魅力は1年後だった帰国予定を5年後に延ばしたほど。パリの風景は自身の持ち味となった。

 ○…「俗にいう”でもしか教師”だった」と謙遜するが体操部の顧問などを歴任。多くの生徒と向き合ってきた。働く世代へ「仕事の他に別の世界を持つことが大事」と呼び掛ける。「教師は厳しい仕事だったが、絵があることで、ずいぶん勇気をもらった。絵が上手くいくと仕事も頑張れたんだよ」

町田版の人物風土記最新6

梅木 和江さん

「茶器袋物師」として活躍する

梅木 和江さん

金井ヶ丘在住 71歳

6月30日号

中田 雅子さん

詩人で、詩集「沙羅によせて」を上梓した

中田 雅子さん

南つくし野在住 86歳

6月23日号

由井友二(よしいともじ)さん

シベリヤ抑留の体験談をまとめた著書を上梓した

由井友二(よしいともじ)さん

鶴川在住 99歳

6月16日号

菅原 信明さん

小山のホタルと自然を守る会の会長で、片所谷戸の整備を続ける

菅原 信明さん

小山町在住 85歳

6月9日号

山野 達也さん

ペスカドーラ町田の職員で遊びの広場を企画した

山野 達也さん

大蔵町在住 35歳

6月2日号

大石 正巳さん

市内にアトリエ兼絵画教室を構える画家で、今月町田パリオで個展を開く

大石 正巳さん

森野在勤 84歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook