町田版 掲載号:2022年7月28日号 エリアトップへ

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る 竹中 清史さん 金井在住 83歳

掲載号:2022年7月28日号

  • LINE
  • hatena

歴史の証人として伝え残す

 ○…戦後77年の今年、8月に市内で行われる平和イベントに出演し、広島での原爆被爆体験を語る。当時は6歳。爆心地から約3キロの自宅で「ピカドン」のキノコ雲を見上げたのを覚えている。「母さーん、おひさんが落ちたよー」と驚くと、すぐに防空壕に家族で逃げ込んだ。暗闇で食べたじゃがいもがおいしかった記憶が鮮明だ。「地獄のような街を歩いて、もっとつらい思いをした人がたくさんいる。自分は被爆者らしからぬ被爆者なんです」

 ○…山口県出身。父の仕事の都合で広島で暮らし、戦後の混乱期は両親の出身地である大阪へ。上京したのは仕事の都合で35歳の頃。化学製品の営業として65歳まで勤め上げた。定年後は国の助成を利用して介護士の資格を取得。老人ホームで働いた。「まだ体力もあったし、男だから力仕事も任されてね。頼られると応えちゃうんだよ」と照れ笑い。

 ○…原爆手帳を申請したのは67歳の時。母が亡くなったのを機に兄弟で話し合い「歴史の証人として被爆者になろう」と決めた。申請が遅かったのは母の意向だ。長年その意図がわからなかったが、遺品から出てきた手記に心の内を見つけた。「母は『原爆は大変だったが家族全員無事に助かっただけでも感謝し、それ以上を望むのは亡くなった多くの人に申し訳ない』という気持ちが強かった」と振り返る。

 ○…町田市原爆被害者の会に入ったのは5年前。健康のために続けていた介護職も辞めて一段落ついたころに入会した。今後は市内の小中学生に核兵器の悲惨さを伝えたいと、営業職の経験を活かして各校に呼び掛ける。「被爆体験を語れる人がどんどん減ってしまうのは仕方ないこと。でも、悲惨さを若い人に残し伝えることが大事」

町田版の人物風土記最新6

志村 雄逸さん

空間デザイナーで、まちだ青城祭の竹灯りイベントをプロデュースした

志村 雄逸さん

南大谷在住

8月18日号

岩城 直也さん

NYを拠点に日米で活躍する作・編曲家、演奏家で府中市でコンサートを行う

岩城 直也さん

町田市在住 28歳

8月11日号

太田 宏介さん

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した

太田 宏介さん

小川出身 35歳

8月4日号

竹中 清史さん

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る

竹中 清史さん

金井在住 83歳

7月28日号

高橋 瑞樹さん

米国バックネル大学准教授で、母校・町田高校で講義した

高橋 瑞樹さん

市内出身 49歳

7月21日号

高橋 清人さん

5月22日付で町田市町内会・自治会連合会の会長に就いた

高橋 清人さん

図師町在住 78歳

7月7日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook