八王子版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

八王子若手和装会 着物で街へでかけよう 「着ていく」イベント作りから

文化

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena

 織物の街として栄えた八王子にちなみ「もっと和服で街に出かけよう」と八王子若手和装会(佐藤剛会長)が今年7月に発足した。

 活動内容は着物、浴衣や甚平も含めた和装でイベントを楽しむというもの。着物に親しんでもらうことで、再び「織物の街」として八王子を活性化させることも狙いだ。

 「現在の着物は高級品ばかりになっている。加えて『着ていく場所がない』ことも課題」と佐藤さん。ならばその場所を作るところから始めようとイベントを開催しており、来年2月には新年会を計画している。「着物に興味はあるけれど、着たことがないという人は多いはず」。8月の八王子まつりに浴衣で訪れる若い人も少なくないことから佐藤さんは、潜在的な着物への関心があるとみている。

100人が会員

 フェイスブック上での会員数は約100人。市内の呉服店4店舗も会員になっており、会員から着物についてなどの相談も受け付けている。「着物は案外お金がかからないことも知ってもらいたい」。シルク以外の着物は自宅で洗えることや、また最近ではシルクでも撥水加工されたものがあるなど技術の発展に伴って「着やすい環境」が整ってきているという。

 着物の良い点について佐藤さんは「どれだけ高い洋服を着ていても、なかなか『いいね』とは言ってもらえない。でも、着物なら注目してもらえる」と話す。「着物で歩くと目立つから。何十人もの人で街中を歩きたいね」。なお、会は60歳定年制を導入している。

 入会は「八王子若手和装会」のフェイスブックページから。

八王子版のローカルニュース最新6

まつり、花火が中止に

世界のネコ、209点

東京富士美術館

世界のネコ、209点 文化

6月10日号

お父さんに手仕事作品

お父さんに手仕事作品 文化

セレオ八王子で15日まで

6月10日号

ようじで模型 塔や船

上川町水野さん

ようじで模型 塔や船 社会

50点 自宅併設施設に展示

6月10日号

マルシェを開催

地元の店が集結

マルシェを開催 社会

6月27日 エルシィ前駐車場

6月10日号

「女の子」にもプログラミングを

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter