八王子版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

「春高バレー」で準優勝に輝いた「実践」女子バレーボール部主将を務めた 野嶋 華澄さん 八王子実践高等学校3年

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

笑顔で「チーム力」引出す

 ○…「苦しい時こそ、笑顔で戦おう」――。そう仲間に伝え、チームを引っ張ってきた。笑顔はメンバーをリラックスさせ、伸び伸びとしたプレーを引き出した。「日本一を意識し過ぎて、決勝戦だけ、みんな笑顔になれなかった」。3対0の完敗。なにより力を出し切れなかったことが悔しかったという。自身はこの大会の優秀選手に選ばれた。「私の力を引き出してくれたのはみんな。チームにこの賞を贈りたい」

 ○…バレーボールを始めたのは中学2年の時。両親がこの競技の選手だったことなどに影響を受け、幼稚園から続けていたクラッシックバレエから転向。「バレエは内股で演技をするが、バレーボールはがに股でプレーする。全く異なる競技だったのでみんなについていくのが大変だった」。だが高校に入学する頃になると、180センチの身長を生かした高いブロック、強烈なスパイクで抜きん出る存在に。「バレエで得た高い柔軟性のおかげで怪我なく練習を積めたことが成長につながった」

 ○…昨年、主将に任命された。それまで人を引っ張る役割をしたことがなかったので、当初は何をすべきか分からず戸惑う毎日だったという。「華澄なりにやればいいんだよ」。こう同級生から言われ、肩の力が抜けた。「メンバーによく声をかけるようにした。厳しいことを言うこともありました」。競技以外では聞き役に回ることが多い「いじられキャラ」が”ちょっぴり怖い″主将を1年間演じ続けた。

 ○…4年後の東京五輪出場が夢だ。高校卒業後は大学に進学し、そのための力をつけたいと考えている。原動力となるのが「恩返し」の気持ち。中学時代から競技だけでなく「人のあり方」も指導してくれた顧問の貫井直輝先生に成長した姿を見せ、喜ばせたいと考えている。「優勝して先生を胴上げできなかったことが心残り」。一つの敗戦が飛躍のきっかけを与えてくれた。

八王子版の人物風土記最新6

小野 晃弘さん

制作したロボットを地域の交通安全イベントに出演させている

小野 晃弘さん

府中市在住

10月24日号

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク