八王子版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

トレインズ和田代表 初シーズンを回顧

スポーツ

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 NBDLリーグに初参戦したプロバスケチーム「東京八王子トレインズ」(子安町)は2015-16シーズン36試合を17勝19敗の成績で終えた。順位は10チーム中6位。和田尚之代表兼選手に半年間を振り返ってもらった。

 前半戦は9連敗などがあり、状態は良くなかった。「プロ選手を集めてもなかなか勝てなかった。チーム作りの難しさを実感した」。しかし後半戦には7連勝や上位チームに勝利する試合もあり、チームはまとまりを見せた。「前半戦はスタメン選手を休ませずに戦うことが多かったのですが、後半は交代を増やし、多くの選手を出場させるようにしました」。それにより体力面でのプラスだけでなく、チームに一体感を生むことができたそうだ。

2千人超える日も

 試合前に会場を暗くしたり、かつてのNBA選手の入場テーマ曲を場内で流したり、「本場の演出を狙った」点はトレインズならではという。「バスケの試合で日常とは異なる『違う世界』を感じてもらえればと思いました」。ホームゲームは平均700人程の動員。最も多かった2月28日の試合では2050人を記録した。ファンクラブの会員は1400人にのぼる。「初めてでわからないことも多くありましたが、周囲の支えもあり半年間戦えました。感謝しています」

 なお、自身のプレーについては「スリーポイントは今でも鳴海選手(リーグNo.1の確率)の次に入ると思っています。あと5年はやりたい」と笑顔で話した。

 「来季(16-17シーズン)は2つあったリーグが1つ(Bリーグ)になり、1部、2部、3部とわかれます。9月に開幕しシーズンの最後に入れ替え戦があります。我々は3部のスタートですが、2020年までの1部昇格を目標に戦います」

八王子版のローカルニュース最新6

(金)(土)に公式戦

100年企業に必要な力

100年企業に必要な力 経済

学ぶビジネスサロン開設

1月20日号

スマホ体験会

「意識高く活動」

消防団

「意識高く活動」 社会

団長 出初式で

1月20日号

10日間で1万3千人超

七福神めぐり

10日間で1万3千人超 文化

1月20日号

澤井さんが黄綬褒章

人物風土記関連記事

澤井さんが黄綬褒章 文化

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook