八王子版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

太古の恵み 宿るパン

社会

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena
ほのかな香り、豊かな小麦の旨みを楽しめる「サラ」のパン。手前が代表商品「白神」
ほのかな香り、豊かな小麦の旨みを楽しめる「サラ」のパン。手前が代表商品「白神」

 市販のパンの味に慣れた人は少し驚くかもしれない。風味、口当たり、噛んでいくと増す旨み…。「引き算」でないと生み出せないパンという。

 そのパンは松木の工場直売店「サラブレッドハウス」で売られている。

 「サラ」のパンは秋田県の白神山地のブナ原生林から発見された「白神こだま酵母」を使っている。その酵母と北海道産小麦、国産きび砂糖、天然塩。これらを基本に油脂などは使用せず「自然のおいしさ」を追求。添加物や保存料など余分な材料も加えない。同店ではこれを「引き算のパンづくり」と説明する。

 白神こだま酵母は1998年に発見され新聞報道で全国に知られた。「サラ」の創始者、大塚せつ子さんは酵母を譲ってもらおうと、所有する現地の研究所に打診。しかし「県外不出の貴重財産」と断られた。「どうしてもこの酵母で作りたい」。大塚さんはその後、自身のパンを研究所に送り熱意をアピールした。

 思いは伝わり研究所から酵母が届いた。その後1年以上試作を繰り返し、現在直売店で販売されている「納得のパン」(大塚さん)を完成させた。この情熱的なストーリーは当時、日刊紙でも取り上げられたほどだ。

 世界自然遺産にも登録されている白神山地は200万年前にできたと言われている。そこで生き残ってきた白神こだま酵母。生命力は極めて強い。小麦粉に少しの塩と砂糖だけ。酵母の力のおかげで、それだけでふんわりやわらかなパンを焼きあげることができる。現在「サラ」のパンは宅配サービス等で全国展開されており、多くのファンを持つ。知る人ぞ知る市内の直売店には今日も行列が生まれている。

八王子版のローカルニュース最新6

(金)(土)に公式戦

100年企業に必要な力

100年企業に必要な力 経済

学ぶビジネスサロン開設

1月20日号

スマホ体験会

「意識高く活動」

消防団

「意識高く活動」 社会

団長 出初式で

1月20日号

10日間で1万3千人超

七福神めぐり

10日間で1万3千人超 文化

1月20日号

澤井さんが黄綬褒章

人物風土記関連記事

澤井さんが黄綬褒章 文化

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook