八王子版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

「メカニックデザイナー」として市の広報活動に協力する 大河原 邦男さん 東長沼在住 68歳

稲城特別版

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

「遊び心」が故郷の魅力に

 ○…ガンダムなど、アニメに登場するロボットのデザインを手掛けてもうすぐ半世紀を迎える。細部まで「現実のもの」に仕上げ、子どもだけでなく、大人までも魅了する多くのキャラクターを生み出してきた。2011年の市の周年記念事業から、自身と手掛けた作品で故郷の「街おこし」に貢献してきた。「稲城の自然に育ててもらった。故郷に恩返ししたいという思いが強い」。市のイメージキャラ「稲城なしのすけ」の生みの親のひとりでもある。

 ○…「何か面白そう」とアニメ制作会社に入社したのがデザイナーとしての始まり。それまでイラストは学校の授業で描く程度だったものの、「メカを組み立てる」感覚で作品づくりにあたった。「家の置時計を分解して組み替えるなど、幼い時から機械をいじるのが好きだった。その延長のようで楽しかった」。こだわると「止まらない」性格もデザイナーとしての飛躍を支えた。

 ○…毎日新たな仕事の依頼が舞い込む。3月には少女向けアニメを担当。「初めて手掛ける仕事は、気持ちをわくわくさせてくれる」。どのようなデザインにするのかイメージを膨らませる時が最も楽しい時間だという。息抜きとなるのも”メカ”。スマートフォン専用スピーカーなど、自身の生活で「ちょっとほしいな」というものをオリジナルでつくり上げる。「日々の生活から仕事のアイデアが浮かんでくる。何でも楽しむ”面白がり屋”なんだよ」

 ○…自身をアーティストではなく、職人と捉えている。芸術品を生み出すのではなく、頼まれた仕事は全て受け「完成品」を出すことを使命と考えている。気になるのは、関わったアニメの関連商品として販売される”変形型ロボット”の売れ行き。「手にしてくれる人がいかに喜んでくれるか、工夫のしがいがある。『ああ、こんな仕組みになっているんだ』と驚かせたいね」。その遊び心が生まれ故郷の「新たな魅力」になっている。
 

八王子版の人物風土記最新6

澤井 伸(しん)さん

澤井織物工場の代表で昨年秋、黄綬褒章を受章した

澤井 伸(しん)さん

高月町在住 71歳

1月20日号

松本 薫さん

解説業などで活躍するオリンピック・柔道メダリストの

松本 薫さん

多摩市内在住 34歳

1月13日号

佐々木 尽さん

新成人の1人で、南町にある八王子中屋ボクシングジム所属のプロボクサー

佐々木 尽さん

別所在住 20歳

1月6日号

菊嶌 太士(たいし)さん

一般社団法人八王子青年会議所(JCI)の第57代理事長になった

菊嶌 太士(たいし)さん

大和田町在住 38歳

1月1日号

山下 力人さん

環境省グッドライフアワードを受賞した下恩方町の造園業「やましたグリーン」の代表を務める

山下 力人さん

下恩方町在住 44歳

12月23日号

和田 キミ子さん

2021NAS編物手芸新作コンクールで文部科学大臣賞を受賞した

和田 キミ子さん

泉町在住 80歳

12月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook