八王子版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

西ロータリーC(クラブ)が50周年 塚本会長「感謝と期待」

社会

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena
石森市長(左から3人目)とクラブ会員。寄贈した時計台の前で
石森市長(左から3人目)とクラブ会員。寄贈した時計台の前で

 東京八王子西ロータリークラブ(塚本達二会長=右写真)が創立50周年を迎え、5月21日、京王プラザホテル八王子(旭町)で記念式典を開いた。約300人が出席した。

 壇上にあがった塚本会長は「この長い歴史を刻んできた先輩方に感謝、今後の若い世代の活躍に期待をしたい」と挨拶し、会員数について「20年ほど前まで120人を超えていたが60数人にまで減ったこともあった。5月末時点で103人に増えた」と説明した。来賓の石森孝志市長は同クラブの存在を「まちづくりにおいて大事なパートナー」と感謝し、萩生田光一衆議院議員は「最近は若いロータリアンが多い。しっかりと存在感を示してほしい」と期待を寄せた。

感想画・文&台湾訪問

 クラブの主な事業は2012年度から始まった「読書感想画・感想文コンクール」で、今年度は50周年の記念事業の一つにもあてられた。青少年育成に力を入れる同クラブが市と共催で行っているもので、毎年市内の小中学生から作品を受け付けている。今年度は合計5000作品を超える応募があった。上位入賞の中学生10人は市の友好都市である台湾・高雄市への派遣が用意されている。

 この派遣事業「八王子ジュニア国際フレンド台湾訪問団」について同クラブでは「2泊3日だが、行って帰ってくると、生徒の表情などが変わる」と話す。今年も3月末に実施。生徒は現地の中学で英語の授業に参加した。「差が大きい。台湾の子は積極性もある」そうで、日本の生徒にとって刺激になるようだ。帰国後も交流を続ける生徒もいる。

時計台を寄贈

 また、記念事業として高尾山の新しい観光スポット「599ミュージアム」の敷地内に時計台を寄贈した。担当者は「温度計もついていて便利なものと思う。シンボルになれば」と話した。

八王子版のローカルニュース最新6

20日、とうろう流し

20日、とうろう流し 社会

市役所近くの浅川で

7月18日号

お香作り

お香作り 文化

20日 親子向け

7月18日号

意思 デジタルで確認

意思 デジタルで確認 社会

北原グループが実証開始

7月18日号

圏央道、「新しい風」も

芸者衆 DJとコラボ

「生きた証だからこそ」

外面終活撮影会関連記事

「生きた証だからこそ」 社会

トレセレが遺影撮影イベント

7月18日号

「加賀の雅を楽しむ」

八幡町きものにしわ

「加賀の雅を楽しむ」 文化

20日から23日まで

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク