八王子版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

7月に東急スクエアでクレヨン画の個展を開いた 孫内 あつしさん 椚田町在住 76歳

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena

有終の美めざし 描き続ける

 ○…東急スクエアの11階で7月に街づくりのNPO団体の協力を得て個展を開いた。独特の雰囲気を醸し出すクレヨンによって描き出された作品は多くの人の興味をひいた。その場で電話をして友人を誘う人や、一度帰って家族を連れて改めて来る人など、わずか1日で230人が来場した。誰もが幼い頃に親しんだクレヨンで「こんな絵が描けるんだ」という驚きを感じる人が多かった。

 ○…ねぶた祭りに夏の海や川、冬の雪景色などを題材に、出身地の青森市の子どもの頃の記憶を描いた情緒的な作品が並ぶ。子どもの頃から絵を描くのが好きだったが、本格的に学んだことはなかった。高校卒業後、放送が始まったばかりのテレビ局でアルバイトから入って就職。美術部に所属し、大道具や小道具を手掛けた。「当時はテロップも手書きだった。面相筆の先を切ったもので活字のように書いたものだよ」

 ○…独立志向が強く、30代のときに花形のテレビ局を辞めてバーを開業。クレヨン画にたどり着いたのはその頃だ。偶然手元にあったクレヨンをいたずらに走らせるとその面白みに気付いた。「それまでは自分の絵であっても、どこかで有名画家の影響を受けていると感じていた。クレヨンで描き上げたとき、自分のスタイルが確立できた」。商売は成功もしたが失敗もあった。「店を8軒潰したが、最終的に借金も整理できた」。プロを目指して上京したのは52歳の時だった。

 ○…名前が知られるようになる転換期は10年ほど前。青森県内の廃校の黒板に描いた巨大なクレヨン画が話題になった。以来、毎年描き続けている。パーキンソン病を患っており、「腕も上がりにくくなっている」と少しずつ進行している。しかし、そこに悲壮感はない。商売を通じて気づいた「終わりよければ全てよし」の精神。自分の限界を見つめつつ、クレヨン画で名を成すという目的に向かって走り続ける。

八王子版の人物風土記最新6

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

山下 善弘さん

9月7日・8日に開催する「躍れ西八夏まつり」の実行委員長を務める

山下 善弘さん

千人町在住 72歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク