八王子版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

11月3日から行われる「西八王子ハッピー太陽アート作品展」の画家 小楠(おぐす) アキコさん 絹ヶ丘在住 41歳

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

絵で増殖するハッピー感

 ○…商店街の各店舗に作品を飾ることで、展示と店の集客を同時に実現できる「ハッピー太陽作品展」。作品は店の雰囲気に合わせて作る。美容室には鮮やかに発色するアクリル絵の具を使ったおしゃれなイラストを、和服店では籠に和紙を張って落ち着きある作品にするなど工夫をこらす。「絵が1枚あるだけでも雰囲気が変わる」。アートを身近なものとして感じてもらうことも狙いの一つだ。

 ○…これまでルーブル美術館のイベントで作品を掲出したり、二科展で準入選したりと実績を積んできた。参加店からは「お客さんからも『いいね』と言われる。根が明るい絵」と好評だ。力強さを感じる色使いや大勢の人や街など対象がギュッと凝縮された作品はハッピーに溢れ、人を楽しい気持ちにさせる。「みんなを見つめる存在」という笑顔の太陽が特徴的だ。

 ○…幼少の頃から絵を描くのが好きだったが、画家として独立したのは34歳のとき。大学では英米文学を学び、そこで作風の元となったヒッピー文化に触れた。「ウッドストックのような大きな野外イベントをしたい」と思って卒業後はイベント会社に就職。5年の会社勤めの間、イベントのポスターなどのデザインをしているうちに「もっと作る側の仕事がしたい」とグラフィックデザイナーに転身。やがて本格的に絵を描きたいと思うようになって専門学校で絵の基礎を学び、展覧会を開くなど作家活動に専念するようになる。

 ○…7歳まで原宿に住んでおり、当時全盛期だった竹の子族を毎日のように見ていた。ラッパズボンに長髪など、まさにヒッピー文化の象徴だった。「たくさんの人が集まって何か楽しそうにしていた」。その記憶が今の作品に影響を与えている。「見る人に楽しんでもらいたい。みんなが元気になってくれたら」。肩書きは、いつの間にか周囲から呼ばれるようになった「ハッピー太陽画家」。人を楽しませることがライフワークだ。



八王子版の人物風土記最新6

松村 恒夫さん

元毎日オリオンズ投手で、今も「古希野球」で最年長選手として活躍する

松村 恒夫さん

台町在住 85歳

8月6日号

小山 律子さん

道の駅やイベントで調味料ブランド「もぐもぐファーム」を展開する

小山 律子さん

打越町在住 58歳

7月30日号

橋本 征憲さん(本名:橋本征三さん)

詩吟の征憲流宗家で、日本コロムビア吟詠音楽会会長

橋本 征憲さん(本名:橋本征三さん)

中野上町在住 80歳

7月23日号

伊藤 涼子さん

7月にNPO法人「八王子国際協会」の理事長に就任した

伊藤 涼子さん

清川町在住 72歳

7月16日号

前野 博さん

西放射線通り商店街振興組合の理事長で、7月に私小説を出版した

前野 博さん

旭町在住 72歳

7月9日号

吉沢 和子さん

書家であり、多摩地区で「文字遊び」の教室を開く

吉沢 和子さん

元本郷町 77歳

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク