八王子版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

30周年を迎えた「八王子・日野カワセミ会」会長を務める 粕谷 和夫さん 天神町在住 77歳

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena

野鳥観察通し、環境「見る」

 ○…バードウオッチングを楽しむ一方、浅川や高尾山など市内を中心とした20カ所で、野鳥の定点観測を会のメンバーと共に30年に渡り行ってきた。「『きょう、鳥たちに起きていることは、あすは私たち人類の問題になるかもしれない』という考えがあるんだよ」と、蓄積した野鳥の動向データを、市民が自分の住む街の環境に目を向けるきっかけに活用してもらいたいと考えている。「データをもたないと説得力がないからね」。その言葉に強い使命感が滲む。

 ○…「こんな綺麗な鳥がいたのか」――。40年近く前に仕事の赴任先で見た「青く輝く」カワセミの美しい姿に一目ぼれした。その後、天神町に居を移し、近所の浅川でその姿を確認すると、居ても立っても居られずに一人で、カワセミなどの野鳥観察を始めた。その活動が口コミなどで広がり会が発足。現在では200人を超えるまでに。会の名前には大好きなカワセミの名を入れた。「30年はあっという間だった。夢中になってやってきたからね」

 ○…「鳥」よりも長く継続している趣味が今年50年目となる合唱団での活動だ。ひとつの音楽をみんなでつくり上げていくことに魅力を感じている。「ベートーベンの楽曲を生オーケストラと共に歌い上げると、日常では味わえない高揚感に包まれる。これを経験したらやめられないよ」。多彩な趣味が視野を広げてくれるのだという。

 ○…現在、30年間に渡って蓄積した野鳥の観察記録を一冊の本にするための編集作業に追われている。「まだデータとしては不十分。百年、二百年かけて集めて、ようやく、環境に関して『見えてくる』ものがあると思う」。そのため、月1回、子どもたちに「観察」を指導する場を設けるなど、後継者「予備軍」へのアプローチを重ねている。人が豊かに暮らすためには、周囲の自然が豊かでないと――。その思いをもつ後継者を生み出すのが今、一番の夢だ。

八王子版の人物風土記最新6

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

山下 善弘さん

9月7日・8日に開催する「躍れ西八夏まつり」の実行委員長を務める

山下 善弘さん

千人町在住 72歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク