八王子版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

100周年「市民と一緒に」 石森市長インタビュー

政治

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応じる石森市長
インタビューに応じる石森市長

 2017年の年頭にあたり、タウンニュース八王子編集室では石森孝志八王子市長にインタビューを行った(聞き手・編集長齊藤明)。*2016年12月8日取材

――2016年を振り返り、どのような年でしたか。

 「市制100周年(17年)のプレ記念事業を色々行ったので『100周年がスタートした』、そんな年でした。7月には団長に北島三郎さん、副団長にヒロミさんを迎えた八王子100年応援団を結成しました。8月は、八王子まつりで民踊流しがギネスに認定され、そのあとに甲子園。これも八王子で初めてで、市民の皆さんも盛り上がったと思います。あと、リオ五輪。中村美里選手が銅メダルを獲得して、それをきっかけに八王子の市民栄誉章を初めて贈呈しました」

――スポーツの印象が強いですね。  

 「甲子園、五輪というのはやはり大きかった。八王子は甲子園出場校を輩出していない地方自治体の中で、最も人口の多い都市だったので。その次は横須賀市らしいです。この間、横須賀の市長に『お先に悪いね』と挨拶しました(笑)」

――それでは「100周年」についての思いを聞かせてください。

 「色々大きな事業があります。4月には100周年の冠をつけて大相撲の巡業『八王子場所』を開催しますし、5月にはボルダリングのワールドカップがあります(会場はいずれもエスフォルタアリーナ八王子)。ボルダリングは非常にインパクトが強いといいますか、世界20カ国から選手が集まり、(五輪の)追加種目に決定してから初めての日本での大会になります。そのあと、メインの事業が9月の『全国都市緑化はちおうじフェア』。現在準備を進めていますが、できるだけ八王子全体で盛り上がるようなイベントにしていきたい。また、皇室をお迎えしての式典も行います。『花と緑の祭典』ですから、次につながるようなイベントになればいい。多くの市民の皆さんにこの100周年を感じとってもらえると思います。特に若い皆さん、子どもたちが、100周年というときに巡り合ったことを実感してもらいたい。次なる100年に結び付くような、そんな節目にしていきたい」

――石森市長はこの100年にどのような印象をお持ちですか。

 「私はずっと八王子なので『かなり街が変化してきたな』ということを感じている。生まれは八王子ICの近くで、小さい頃は見渡す限り畑とかそんな地域でした。中央道ができたり、16号が拡張したり、周辺にいろんな企業やお店が出店してきたり。市の中心は甲州街道沿いで、商店がずらっと並んでいて。何か買い物するにはそこに行く時代だった。大きく変わりましたね」

石森市長 新春対談

――100周年のあとの大きなイベントとしては「東京五輪・パラリンピック」が待っていますね。

 「前回の東京五輪のときには自転車のロードレースとトラック競技が八王子で行われたので、いろんな市民の方も関わりました。そういったレガシーもあります。できれば八王子にゆかりの選手が出場することを期待したい。市民の皆さんも応援のしがいがあるはず。また、子どもたちにはできるだけ現地で試合を見させてあげたい。自治体として取り組みたい」

――「100周年」以外で今年の主な動きは何ですか。

 「八王子西ICのフル化(昨年12月)に伴い、北西部幹線道路(八王子西ICから中央道八王子ICまでの道路)が一部、市の施工で進んでいきます。また、JR八王子駅北口のマルベリーブリッジの延伸に着工します。東急スクエア前を通りユーロードへ続くようになります」

――最後に市民の方にメッセージをお願いします。

 「ぜひ100周年には一人でも多くの方に関わっていただき、100年を応援してもらえればと思っています。今年もよろしくお願いいたします」

――ちなみに市長の年始のご予定は。

 「2日は大手町に箱根駅伝のスタートを見に行こうかと思っています。八王子にキャンパスをもつ大学が4校(帝京、創価、法政、拓殖)が出るので楽しみにしています」

――ありがとうございました。

話を伺う本紙・齊藤
話を伺う本紙・齊藤
「100周年」について語る石森市長(左)
「100周年」について語る石森市長(左)

八王子版のトップニュース最新6

バスケ選手が「勤務」

バスケ選手が「勤務」 スポーツ

引退後備え 地元で経験

9月23日号

ふるさと納税が好調

八王子市

ふるさと納税が好調 経済

返礼品見直しで7倍に

9月23日号

インターハイ競泳 初優勝

八王子高岡村さん

インターハイ競泳 初優勝 スポーツ

今夏、急成長し自由形で

9月16日号

美談で終わらせないで

「らしい時間」奪われる

美談で終わらせないで 社会

「幼き介護者」 経験者が訴え

9月16日号

私学8校で合同発表会

私学8校で合同発表会 教育

10月 中1生がプレゼン

9月9日号

内水氾濫マップ新しく

八王子市

内水氾濫マップ新しく 社会

独自調査加え 対象地域に

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook