八王子版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

1月13日に島田療育センターはちおうじの成人のお祝いで歌うシンガーの Meg(本多恵美)さん 日野市在住 44歳

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena

音楽で人を支える

 ○…80年代に一世を風靡したガールズバンド「レベッカ」のプロデューサーに見いだされ、1997年にメジャーレーベルからソロデビューした経歴を持つ。3年ほど前に介護事業の会社「ネクストイノベーション」(元本郷町)を立ち上げて現在は社長業をこなしながら自身のレーベルで曲を発信する。毎月のように障害者施設などで公演も行う。「音楽があると自然と身体が動いちゃいますよね。音楽なら気持ちが表現できる」。普段は見られない利用者の反応が現れるという。

 ○…子どもの頃から歌うことが好きだった。八王子に来たのは小学2年生の頃。家で密かにアイドルをまねて歌っていたという。高校からガールズバンドを組んで人気を集めた。初めてのライブも市内のスタジオだった。八王子駅近くの放射線ユーロードでアルバイトをしているとファンからよく声をかけられたという。

 ○…「小室ファミリー」に注目が集まる時代の中で大きなヒットには恵まれなかったが、縁があって訪問介護の仕事に就くことになり「天職」だと感じたという。「人を元気にしたい、喜ばせたい」。歌も介護も気持ちは一緒なのだと気づいた。音楽と介護を一体化させた活動のきっかけは東日本大震災でのボランティア活動だ。「壁が薄い仮設住宅で大きな声が出せない状況。きっとストレスがたまっているはず」。震災から3カ月後の女川町に向かい、音響もない中、生声で歌った。積極的に参加してもらうために簡易的な楽器を配ったり、ときには鍋やオタマで音を出すことで参加者を巻き込んで音楽を楽しんだ。

 ○…施設で音楽を提供するほか、今も年に2回は被災地に行く。今春にはニューシングル『八王子』をリリース予定。歌詞には八王子で育った思い出や感謝などが込められている。「つらい思いをしたときも、音楽が助けになってくれた」。そんな自分の体験から、音楽の持つ力で多くの人を支えられると信じている。

八王子版の人物風土記最新6

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

城所 幸子さん

今年30周年を迎える宇津貫みどりの会の会長を務める

城所 幸子さん

兵衛在住 71歳

9月9日号

中嶋 廣一さん

今年で70周年を迎える八王子防火防災協会の会長になった

中嶋 廣一さん

元本郷町在住 73歳

9月2日号

米倉 かおりさん

八王子音楽祭の企画プロデューサーを務める

米倉 かおりさん

初沢町在住 31歳

8月26日号

中村 正晴さん

公益社団法人八王子法人会青年部会部会長に就任した

中村 正晴さん

子安町在住 50歳

8月19日号

Sayakaさん

プロバスケ「東京八王子ビートレインズ」によるチアリーダーのディレクターを務める

Sayakaさん

千葉県松戸市在住

8月12日号

Tシャツデザイン画100選

第19回「Tシャツデザイン画」100選入選者、入賞者の発表

https://hachioji.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook