八王子版 掲載号:2017年6月8日号 エリアトップへ

ただいま見習い中 短大生「芸者になりたい」

文化

掲載号:2017年6月8日号

  • LINE
  • hatena
小鶴さん
小鶴さん

 この春、一人の短大生が八王子花柳界の門をたたいた。入門したのは山梨県大月市在住の坂本実里さん(19)。学校に通いながら空いた時間に八王子を訪れ、見習いとして働いている。

 芸名は「小鶴」。八王子芸者衆の小太郎さんによる置屋菊よしに所属する。

 北海道旭川市出身の坂本さんは祖母の影響で幼い頃から日本舞踊(西川流)に親しんでいた。上京し山梨に住むと、近くの八王子が「芸者の街」であることを知った。

 就職活動を控えた3月、職種の選択に悩む中、ふと昨年8月の「八王子まつり」が頭をよぎった。その時、はじめて生で見た芸者衆の踊り(宵宮の舞)。「芸者さんになるのもいいかも」--。一番印象的だった小太郎さん(の置屋)にメールした。

 踊りは祖母から習った基礎がある。演歌が得意で、NHKのど自慢で優勝した経験もある。茶道は高校時代に部活で学び、部長も務めていた。

 現在は週に4、5回、小太郎さんのもとで指導を受け、三味線などのお稽古事にも精を出す。一昨年に置屋を開き、これまで何人かの見習いを見てきた小太郎さんは「小鶴ちゃんはお稽古事が好き。お歌が上手なのも優れた点」と評価する。

 実は坂本さんの母親は、芸者の道に反対したそう。春休みに打ち明けると「怒られました」。坂本さんはそれでも入門し「もうやるって決めた」と事後報告。すると「また怒られました」。その後、何度か近況報告を続けた。「最近になって『いつか踊りを見に行くよ』と連絡がありました」

 小太郎さんは「ひとつひとつ覚えていって、みなさんに可愛がってもらえる存在になって」と期待する。坂本さんは「大変なことはたくさんありますが、それを経験するたびに『好きな所へ来ることができた』と実感しています」と笑みを浮かべた。

八王子版のローカルニュース最新6

アイデア巻き寿司

人物風土記関連

アイデア巻き寿司 文化

10月29日号

如来像を特別開帳

6 佐野 隆司(たかし)

選手紹介【2】(新加入)

6 佐野 隆司(たかし) スポーツ

3ポイントに自信

10月29日号

3つ並んだ親子ナス

3つ並んだ親子ナス 社会

上柚木 飯沼さんが収穫

10月29日号

映画祭プレ企画

11月10日入場無料

映画祭プレ企画 文化

10月29日号

安全のため駅周辺巡回

新署長も参加

安全のため駅周辺巡回 文化

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク