八王子版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

八王子を代表する建築家で、17日からその仕事を紹介する展覧会が開催される 小町 和義さん 富士見町在住 90歳

「偉大」な先祖 改めて感謝

 〇…江戸時代から高尾山薬王院の建築に携わる宮大工「小町家」の6代目。卒寿を過ぎた今も現役。ペンをとり、現場へ足も運ぶ。主に多摩地域の神社、寺院、山車・神輿、茶室、文化人の邸宅、美術館などの設計管理を手掛けてきた。その数は300以上。伝統の中に新しさを求め、自由な発想で取り組む姿勢に対し、まわりは「数寄屋建築の探求者」と言う。

 〇…「2、3、4だよ」。昭和2年(1927)3月4日、三崎町で9人きょうだいの長男として生まれた。姉が5人。父親はどうしても跡取りが欲しかったようだ。幼いときから職人と一緒に暮らし、手には工具を持たされていた。しかしその反動か、小学校を卒業する頃、「いつか家を出よう」と決める。工手学校(現工学院)へ進学したのち、建築家山口文象のもとをたずねた。そこで設計に面白味を見出しその後、同じく建築家の平松義彦からも指導を受ける。40歳で独立。そして父が倒れたのを機に故郷へ戻った。

 〇…「デッサンができないから」。設計にパソコンは使わない。愛用の竹のスケール(定規)は、市販のものを削って厚みを落とし「自分仕様」に。汚れては洗って30年以上使っている。図面は書いては消し、書いては消しの繰り返し。「そうしているうちに想像力がわく」そう。肩まで届く髪は「自然体がいい」と、20代の頃からこの長さ。仕事術に、風貌にスタイルが宿る。趣味は65歳から始めた茶道、好物は「ビフテキ」という。

 〇…理想の建築については「自然環境と調和し、かつその中に人の暮らしがあるもの」と語る。「何より使う人のことを考えて設計します」。住む人は「嫌な感じがしない。(神経が行き届いており)何でもないようで何でもある家」と証言する。「16歳で何も言わず家を出ました。戻ってきてから改めて先祖の偉大さを知りました。今もこうして順調に仕事ができていることに感謝しています」

八王子版の人物風土記最新6件

武石 梨花さん

中学生が書く「税についての作文」で、市内で最高評価となる国税庁長官賞を受賞した

武石 梨花さん

1月11日号

青田 一宏さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第53代理事長になった

青田 一宏さん

1月1日号

中野 恵美さん

シンガーソングライターで、10月に開局した八王子FM(77.5MHZ)を夫と共に運営する

中野 恵美さん

12月14日号

ヘンリー久原(くばら)さん

芸能活動50年を迎えた

ヘンリー久原(くばら)さん

11月30日号

前田 梅香さん

「東日本女子駅伝競走大会」の東京都代表に選ばれた

前田 梅香さん

11月16日号

石橋 宏楓さん

書道家で、9月末まで高尾山薬王院にて書画展を開催した

石橋 宏楓さん

10月19日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク