八王子版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

着物寄付して被災地支援 30日まで八幡町で受付

文化

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena
被災地で着物を配った。右上が西川さん
被災地で着物を配った。右上が西川さん

 「全部流されてしまって、祭りで着る浴衣もない」――。そんな声を受けて東日本大震災の年、全国から集まった着物や浴衣を被災地に届けたNPO法人きものを着る習慣をつくる協議会。八王子支部の「きものにしわ」の西川誠治社長も直接届けた1人だ。「大勢の方が列をなし、全部もらわれていきました。『夏に盆踊り大会ができる。ありがたい』という声をいただきました」と振り返る。

 復興が進むにつれて、「生きがい」に支援の仕方がシフトしてきている。現在、同協議会では「被災地の女性手仕事プロジェクト」を展開。着物の生地を送り、被災地でバッグや帽子、コースターなどに作り替えてもらうことで収入や仕事を通じたやりがいを支援している。「震災で仕事がなくなってしまった人が多い。プロジェクトによって仮設住宅などで友人・知り合いと楽しく仕事をしているそうです」と西川さん。

着なくなった着物を

 「きものにしわ」(八幡町3の1)では、11月30日(木)まで、プロジェクトのため着物や帯、浴衣の寄贈を受け付けている。「利用できる部分だけ使うので、カビや虫食いがあっても構いません」と同店。

 なお、同店では12月15日(金)から18日(月)まで同プロジェクトで作られた作品の展示販売会が行われる。八王子や近隣のセミプロの作家による作品も集まる。
 

八王子版のローカルニュース最新6

来月5日、「三世代楽しめる」

来月5日、「三世代楽しめる」 社会

大和田町の結婚式場で催し

4月15日号

美山焼 川口町で作陶展

人物風土記関連記事

美山焼 川口町で作陶展 文化

4月15日号

スノボ 15歳田尻さん、プロに

スノボ 15歳田尻さん、プロに スポーツ

3月アマ全国で優勝

4月15日号

高尾山以外も

JCI八王子

高尾山以外も 文化

伝統文化の知識共有

4月15日号

桑の葉ラテが登場

桑の葉ラテが登場 社会

市内企業 飲食店とコラボ

4月15日号

石橋氏が復帰 HCに

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter