八王子版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

芸能活動50年を迎えた ヘンリー久原(くばら)さん 横山町在勤 70歳

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena

ノーリーズン ロックに生きる

 〇…佇まいからロックの香りが漂う。表情はあまり見せず、服は「黒か白しか着ない」という。「譜面なんて見ないから」と硬派に語る。50年にわたりミュージシャンとして活躍。今は市内にあるクラブの「顔」として連日ステージでギターを持ちドラムを叩き、シャウトをしている。

 〇…佐賀県の生まれ。小学生の頃から進駐軍のラジオを聴いており、そこでポールアンカやプレスリーなどアメリカの音楽に出あった。姉が立川の米軍キャンプ内の美容院に勤めており、彼女を頼りに上京。キャンプで働かせてもらうことに。あるとき倉庫にあったドラムで遊んでいると、兵隊から「(ドラムは)仕事になるぞ」と誘われた。見よう見まねで練習し一カ月後にはショーのステージに。「聞こえた音に反応するだけ。理屈じゃないよ」。外国人にまじって日本の子どもが演奏していると話題になり大手レコード会社(東芝EMI)のプロデューサーが観に来た。「バンドでデビューしないか」。二十歳の時だった。

 〇…曲は主にGS。ジャズ喫茶やディスコでドラマーとして月に60本ライブをこなした。パーカッションの技術にも長けていて、あの浅草サンバカーニバルのスタート時、その指導にあたったこともある。一方、エアコンのCMで歌声の披露もした。「30テイク録って自分のが選ばれた」。少ししゃがれ哀愁漂う声は、人の心によく響く。

 〇…「応援するから」。クラブを経営する知人に誘われ20数年前、八王子へやってきた。以来そこで夜な夜な演奏し、日中はヴォーカルスクールのレッスンもする。活動50年で一番の思い出は10年前、還暦記念にホテルでショーを開いたこと。「ヒット曲なんて1曲もないのに400人以上が来てくれた」と喜ぶ笑顔は豪快だ。「なぜヘンリーなのかって?兵隊が『クバラ』ってうまく発音できなかったんだよ。で、『こいつはヘンリーだ』って。それからずっと。気に入っているよ」

八王子版の人物風土記最新6

赤木 省三さん

八王子市消費生活啓発推進委員会の会長を務め、初のオンライン「WEB八王子市消費者生活フェスティバル」を開催している

赤木 省三さん

打越町在住 73歳

3月4日号

坂本 多佳子さん

若手演奏家を派遣する事業を展開し、このほど映像作品の制作に取り組んだ

坂本 多佳子さん

大磯町在住

2月25日号

フォファナ・ママドゥさん

B3リーグに所属するプロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」に入団した

フォファナ・ママドゥさん

市内在住 23歳

2月18日号

岡部 眞弓さん

3月に市内でコンサートを企画する夢空間ラ・ムシカの代表を務める

岡部 眞弓さん

椚田町在住 70歳

2月11日号

今村 博明さん

地域文化功労者表彰を受けたバレエ団(株)B.シャンブルウエストの総監督を務める

今村 博明さん

上野町在住 70歳

2月4日号

清水 香さん

「“もしも”に備える新しいお金の使い方」を出版した

清水 香さん

八日町在住 52歳

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク