八王子版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

高尾町にケヅメリクガメ専門園をオープンさせる 丸山 久雄さん あきる野市在住 55歳

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

亀のように一歩ずつ力強く

 ○…「亀は笑顔を与えてくれる動物。ケヅメを全国に知ってもらいたい」。大きな体から自信に満ちた声が響く。ケヅメリクガメ専門の園は日本でもおそらく唯一という。30年務めた大手企業を早期退職して、38歳であきる野の自宅に「生態研究所」を設立。「ケヅメ所長」として話題に。2011年にはテレビ出演をきっかけに本も出版した。

 ○…最初に飼ったケヅメは、ペットショップで「飼ってくれ」と目で訴えていたという「グレート」。全長1メートル、体重100キロを超える大型で推定42歳。3年前に脳梗塞で生死の境をさまよったとき、朦朧とした意識の中にグレートが現れて三途の川を渡るのを引き留めてくれたそう。「だから施設は亀への恩返し」と笑う。「亀は神秘的な動物。縁起もいい」。園には神社を作って「パワースポット」にもする計画だ。

 ○…趣味はボディビルとデカ盛り食べ歩き。23歳のときに「アントニオ猪木が好きすぎて」プロレスラーを目指した。身長が足りずに断念。しかし、凝り性で一度始めると終わらない。自宅敷地内のプレハブに本格的なマシンを導入して体を鍛え続けた。大食い記録は回転ずし86皿、ビール8リットルなど。グレートといいライバルだという。

 ○…「最初はピンポン玉くらいなのに成長が早く、5年で30センチを超える。そうすると飼えなくなる人もいる」。ペットショップで3万円程度。気軽に買える点が問題と訴える。大型のカメが街中に出現してニュースになる場合、たいてい捨てられたケヅメリクガメだという。「捕まれば殺処分になってしまう」。だから園は動物保護施設という側面もある。「現在は結果をすぐに求める時代。亀のような生き方がいいと思う」。好きな言葉は「継続は力なり」。園は構想7年。ゆったりとした歩みでも、ゴールは目の前。「実は結婚する予定なんです。3年前に出会った彼女と」。もう一つのゴールも目前のようだ。

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

女性落語家・真打として地域で落語を披露する

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

市内在住 

11月26日号

大蔵 國宜さん

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける

大蔵 國宜さん

元横山町在住 77歳

11月19日号

小松 由佳さん

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した

小松 由佳さん

椚田町在住 38歳

11月12日号

石井 利一さん

八王子いちょう祭り祭典委員会の7代目会長を務める

石井 利一さん

長沼町在住 86歳

11月5日号

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク