八王子版 掲載号:2018年9月6日号
  • LINE
  • はてぶ

世界ジュニアアルティメット選手権大会に日本代表の1人として出場した 大塚 捺子(なつこ)さん 山田町在住 18歳

「相手を思う」 広がれば

 ○…「最後に名前を呼ばれて…。夢かと思いました」。今年2月、静岡であった選考会に参加。50人の中から「22人の代表」の1人に選ばれた。そして8月、「メダルをとる」と強い気持ちでカナダへ。それだけに6位だった結果に悔しい表情を浮かべる。「試合に出ることのできない選手の分まで頑張ろうと。でもミスが多かったですね」

 ○…祖母、母と同じく共立女子第二高等学校に通う。運動は得意で、小学生のときにはサッカーで市の選抜になったこともある。中学を卒業する頃、アメリカ留学を終えた兄から「アルティメット」という競技を紹介された。フライングディスクを使ったアメフトのようなもので、近く(福生市)にチームがあることを知り体験へ。高1から競技を開始。2年間、週5で練習をこなしてきた。

 ○…趣味は海外ドラマの鑑賞。世界大会で訪れたカナダは、お気に入りの俳優の故郷で「その場所を観光もできて良かった。現地の人に圧倒されて少し怖かったですが」と笑う。地元八王子が大好きで、小さい頃は「市長になりたい」と思ったほど。ほどよく便利で自然も豊か。「八王子の人の人柄も好き。近所の人がおはぎをくれたりして」

 ○…最近気になったニュースは、国会議員によるLGBTの見解。受験勉強に励む今、将来は「差別のない社会を作りたい」と話す。そう考えたきっかけはこの競技のフェアプレー精神。審判がおらず、判定がわかれたときは選手が話し合いで解決する。「大切なのは『相手を尊重する』こと」。同じ思いを社会の中でも抱くようになり、進んでLGBTと関わることも。「そういう人がいてもいいんじゃないかな」――。アルティメットが教えてくれた。競技が広まることで、そう思う人も増えればと願う。

八王子版の人物風土記最新6件

川久保 美紀子さん

一般社団法人フードバンク八王子の理事で、子どもの食について支援活動をする

川久保 美紀子さん

11月15日号

森屋 義政さん

国際ロータリー第2750地区ガバナー補佐として多摩南グループでパイプ役を務める

森屋 義政さん

11月8日号

吾妻 優さん

11月18日に横山町公園で行われる「アニソンバトル」を主催する

吾妻 優さん

11月1日号

小山 靖昭さん

東京都功労者表彰(教育部門)を受けた

小山 靖昭さん

10月25日号

植草 歩さん

大塚の帝京大学を拠点に、空手(組手・女子68キロ超級)で2020年東京五輪・パラリンピックを目指す

植草 歩さん

10月18日号

中村 忠正さん

12月に開催する「第6回八王子ShortFilm映画祭」の実行委員長を務める

中村 忠正さん

10月11日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク