八王子版 掲載号:2018年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

トップ記事関連 坊垣教授に聞く

社会

記者 がんと診断されても5年、10年と長生きができる時代と聞きます。

 「そうですね。しかし『治療が終了=治った』ではありません。再発や妊娠、老化への不安などで心を病むのが一般的な経過です。本人も家族も、誰に何を支援してほしいのかもわからなくなるものです」

記者 病院に「支えるシステム」は?

 「病院は治療する人を対象としています。地域の拠点病院やクリニック、訪問看護ステーションで『支えている所』もありますが、その対象は一部の市民だけで、地域での連携体制も確立していません。行政も支援の糸口を模索している段階のようです」

記者 包括的な支援が必要であると。

 「がんサバイバーは人生の長い期間、苦悩を強いられることにもなります。私たちは、途切れのない支援に対して『包括的支援』という言葉を使っています。ニーズに応じて適した情報を提供したり相談を受ける。そのような活動で『(途切れぬよう)隙間をつなごう』としています」

八王子版のローカルニュース最新6件

ビートレインズ「開幕チケット」 25組50人へ進呈

今年は南大沢で

フードフェス

今年は南大沢で

9月20日号

ボクもママも伸び伸び

インプラント治療追求チーム立上げ

南大沢・歯科医院橋村理事長

インプラント治療追求チーム立上げ

9月20日号

北海道へ 支援の動き

新曲は宴会ソング

演歌歌手・伊達めぐみさん

新曲は宴会ソング

9月20日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク