八王子版 掲載号:2018年9月13日号
  • LINE
  • hatena

トップ記事関連 坊垣教授に聞く

社会

記者 がんと診断されても5年、10年と長生きができる時代と聞きます。

 「そうですね。しかし『治療が終了=治った』ではありません。再発や妊娠、老化への不安などで心を病むのが一般的な経過です。本人も家族も、誰に何を支援してほしいのかもわからなくなるものです」

記者 病院に「支えるシステム」は?

 「病院は治療する人を対象としています。地域の拠点病院やクリニック、訪問看護ステーションで『支えている所』もありますが、その対象は一部の市民だけで、地域での連携体制も確立していません。行政も支援の糸口を模索している段階のようです」

記者 包括的な支援が必要であると。

 「がんサバイバーは人生の長い期間、苦悩を強いられることにもなります。私たちは、途切れのない支援に対して『包括的支援』という言葉を使っています。ニーズに応じて適した情報を提供したり相談を受ける。そのような活動で『(途切れぬよう)隙間をつなごう』としています」

八王子版のローカルニュース最新6件

大正琴と舞い、楽しむ

「奇跡の帯」展

八幡町きものにしわ

「奇跡の帯」展

4月18日号

今年は映画も

八王子日本閣GW・ランチプラン

今年は映画も

4月18日号

「凄いし、羨ましい」

「何か良いって感じ」

セルフ会計パン店導入

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク