八王子版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

北海道へ 支援の動き

社会

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena
新メニューを手にするけいの家のスタッフ
新メニューを手にするけいの家のスタッフ

35ヵ所で義援金受付

 北海道胆振東部地震災害を受け、八王子市は9月12日から義援金の受付を開始した。募金箱の場所は市役所本庁舎1階正面案内、各事務所、市民センターなど計35カ所。集まった義援金は日本赤十字社を通じて被災者へ配分される。

 被災地で活動する人に対して交通費や宿泊費を助成する市社会福祉協議会の「災害ボランティアリーダー養成活動」は現地での受け入れが始まり次第開始。その支援金も募集している。

苫小牧からグルメ

 八王子市の姉妹都市「苫小牧市」などのグルメを味わってもらおうと9月23日(日)にチケパ八王子中町第一(中町)で開催される八王子青年会議所(JC)の企画「伝承の味処」では、苫小牧の特産品・ホッキ貝焼を予定通り販売する(300食)。八王子JCが地震の被害を心配していたが当日は苫小牧JCのメンバーが訪れ料理を提供するという。「苫小牧に大きな被害はないものの、隣町はがけ崩れが発生。道内でも場所によって状況が異なるそうです」と八王子JCの五十嵐勝平さん((有)金星)。震災直後、現地では停電でテレビが見られずに情報が不足。五十嵐さんは報道番組をスマートフォンで録画して八王子から送ったという。

「食材大切に」

 北海道・十勝(広尾町)の食材と八王子産の野菜を中心とした居酒屋「けいの家(や)」(明神町)のオーナー・北澤秀彦さんは、夫人の実家が北海道にある。甥や姪もいて心配したが震災直後はあえて連絡を控えた。一方この秋、予定より2日早く新メニューをスタートすることにした。「メーカーが稼働していないので1日10トン近くの生乳を廃棄せざるを得ない取引先もあったそうです。生産者が苦労して作った食材を大切に使いたい。お客様に被災地のこと気にしていただくきっかけになれば」と話す。

八王子版のローカルニュース最新6

「狭心症ってなぁに?」

「狭心症ってなぁに?」 社会

医師がWeb講座

5月13日号

バラ500株見頃に

バラ500株見頃に 文化

市内結婚式場庭園

5月13日号

坐禅で見つめる心

坐禅で見つめる心 文化

南大沢で市民講座

5月13日号

細部にこだわる竹模型

狭間町銀山さん

細部にこだわる竹模型 文化

5月13日号

開幕戦に勝利

FCノッサ 人物関連

開幕戦に勝利 スポーツ

5月13日号

八王子4連勝

プロバスケ

八王子4連勝 スポーツ

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter