八王子版 掲載号:2018年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

「寿命が縮む危険性も」 東京天使病院・別役院長

社会

講師の別役院長
講師の別役院長
 10月11日に行われる日本健康アカデミーのセミナーの講師を務める東京天使病院の別役徹生院長は「睡眠時無呼吸症候群にはほぼ自覚症状がなく、太っている人だけではなく、面長の人の方が高リスク」と注意を呼びかける。「夜間に血圧が上昇しやすく、脳梗塞や心筋梗塞の引き金にもなる。10年以上放置しておくと健康寿命が縮むというデータもあります」と訴える。

 同病院は睡眠時無呼吸症候群の診療に力を入れており、1泊して精密な検査も可能だ。

八王子版のローカルニュース最新6件

1日107円で、健康増進。

RIZAP開発のマッスルダイエットスタジオ、誕生!

https://expa-official.jp/

<PR>

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク